ブラケットライトづくり。依頼者の友人が、
このブラケットライトを取り付け予定の新居に
9月13日の今日引越しの日だとのこと。
そろそろ焦ってます(焦んの遅いよ!笑 てか本当に申し訳ない。。。)
チャチャッと組み立てます。

接着剤を塗って組み立て、
クランプでしめこんで圧着します。
P8306956.jpg
接着段階でのベース部分とボックス部分のズレを
予防するため、↑こんな感じでボックス部分を
ベース部分に取り付けた状態で組み立てて、、、

P9107219.jpg
少し時間が経ってからじゃっっっかんクランプを緩めて
ボックスとベースを取り外し、今度はボックス部分だけ
にして接着部分を締め込みます。


その後まる1日圧着してからクランプを取り外して
接着は完了。


やっと構造部の組み立てが終わりました。


つぎにベースとボックスの接続部分や、
前面のアクリル+ツキ板シートの光の透過材を
P9107220.jpg
サンドペーパーで削って、取り付けるときに少し抵抗が
かかるくらいピッタリにおさまるよう微調整します。

多分10分の数ミリ?くらいの微妙な調整なので、電動工具だと
削り過ぎちゃいます。やっぱり何度もアタリを見て確認しながら
手で少~しづつ削ってやるのがイチバンなんだと思います。

過去の膨大な失敗から得た教訓です(笑)
友人からの依頼でつくっているブラケットライト

「急がないから」という一言にベッタリ甘えて
納得いくまで悩みながら制作しているのですが、、、
いくらなんでも遅すぎる。正直かなり焦ってます。

でもイキオイでやっちゃうと後で後悔する性分なため、
迷惑とは思いつつもトコトンやらせていただいてます。
ワタシに頼んだアナタが悪いのよってことで(笑)

さて、そんな感じで「どーすっかな〜」とずっと悩んでいた
ビスの露出。もちろんアウトサイドからは見えないのですけど、
ブラケットライトという製品の性質上、下からは見えるわけで。。。


。。。「悩むくらいなら!」てことでやっぱりビス留めを変更!
やり直します。


P8306949.jpg
プラグカッターで切り出し、ドライバーで折ってダボを用意。
ちなみに直径6mmです。

P8306950.jpg
ビス穴を6mmの穴で埋めていきます。

P8306951.jpg
ボンド塗って叩き込んで、こんな感じ。

P8306952.jpg
出た部分はノコで切り、

P8306953.jpg
ノミでさらにツライチにします。

P8306955.jpg
カケたりした部分を埋めて、さらに凸部分をノミで
削ってカケの埋めも終了。奥の麦とホップは
どうぞ気にしないでください(笑)


ほんと手間ですが、仕上がりに満足するためには
必要なんだと思います。てか最初っからビス留めを
考えなければ良かっただけなんですけどね (^-^;
友人に頼まれたブラケットライトつくってます

組み立て前に1回目のサンドペーパーかけをします。
P8206858.jpg
仮組みしてたのを一度バラし、サンダーを用意。

P8206859.jpg
組み立てたらペーパーかけにくいところを
前もってサンディングするのです。
ちなみに番手は120番→180番の順です。

P8206860.jpg
オービタルサンダーでかけたら次は手でかけます。
電動だけだと丸いサンダー跡が残ったりするので、
手がけは木目に沿って削ります。


残暑厳しいので、手がけは汗が噴き出ます(笑)

そろそろ本番の組み立てに取り掛かれそうです。
友人から頼まれたブラケットライトをつくっています
今回はダボをつくって仮組みします。

P8176847.jpg
開けておいたダボ穴の径と同じ3mm棒をダイソーで
買ってきて穴の深さより若干短めに切ります。

P8176848.jpg
そうして出来たダボを穴に入れて、

P8176849.jpg
組んでいきます。

P8176852.jpg
仮組みでこんな感じ。ダボの無い接合部分は
マスキングテープで固定してアタリをみて、

P8176853.jpg
部材同士の位置を微調整し、決まったポジションで
固定してから下穴をあけてビスで取り付けていきます。

P8176854.jpg
ブロンズ色のビスで固定してみたけど、やっぱり
これ見よがしにビスが見えるのはかなり気に入らない・・・

組み立て時の部材位置の微調整のために
ビス固定を選択しましたが、、、

どうしよっかな〜 やっぱりダボにしようかな〜

悩みどころです。

P8176856.jpg
で、悩みながらもとりあえず組んでみた。
仮組みでもそれなりの強度が出ていて一安心。


ふむ。なかなかイイかも。
完成が楽しみです。
先日、友人が店長をしている伊達市の酒屋さんMAXで
「MAX夏祭り」というイベントをしていました。
チビーズが似顔絵を描いて参加したので、家族で
小樽へ帰る途中に昼食を兼ねてお祭りへ行ってきました。
露店で売っていた焼きそばがすごく美味しかった!
チビーズも「焼きそばちょーだーい!焼きそばー!」と
かなり気に入った様子。ワタシもまた食べたいです♪

で、お祭り後の小樽へ向かう車内では、
P8116803.jpg
3歳になってから最近までワガママ三昧の弟チビは
オヤジ(ワタシ)にガッツリ怒られて涙目になりながらも(笑)
かき氷の「ブルーハワイ」で青くなった舌を
「ベー」っと見せてご満悦でした。


話は変わってブラケットライトの部材加工をします。

P8116799.jpg
部材にボンドを塗り、

P8116800.jpg
組み合わせて、

P8116801.jpg
クランプで圧着します。
はみ出たボンドは拭き取ります。

次はダボの準備。
P8126828_20120819015047.jpg
ダボ穴の治具をつくります。
合板の端材を重ねてマスキングテープで固定して
スミをつけて、

P8126829_20120819015046.jpg
ボール盤で3mmの穴を2枚とも貫通させます。

P8126831_20120819015046.jpg
そのうちの薄い方の一枚を側板の穴あけ位置にあてて
合板の穴に合わせてダボ穴をあける。
・・・のを8か所繰り返します。

P8126832_20120819015045.jpg
すると側板はこんな感じになります。

次は横架材の木口のダボ穴加工です。
P8126833_20120819015045.jpg
部材をバイスに固定して厚い合板の治具をあてて
治具の穴をガイドにドリルで穴あけ。

こっちを厚いドリルガイドにしたのは
木口に直角に穴をあけれられるよう
治具でガイドさせようと目論んだため。
結果としては成功でした。


P8126834_20120819015045.jpg
これで横架材のダボ穴加工も終了。


さて小樽の実家の地下工房で
以上の加工をしている間、上では
P8116809.jpg
兄チビはじいちゃんの前でふざけていたようだ。
この年代はコンナモンなのでしょうねえ(笑)