玄関前の庭をつくる。第5段です。
前回中段の土留めをやりましたので、今回は
上段にとっかかります。

P9060194.jpg
前回穴掘りがメンドクサかったことから、先日実家の
親が遊びにきてくれるときに穴掘り器を持ってきてもらった。

P9060193.jpg
今回コレが大正解。要するに土を挟み込んで引っこ抜くの
ですが、スコップだと周囲の土が穴に流れ込んでいくから
本当にメンドクサイ。これだとズボズボ掘っていけます。

P9060191.jpg
さて、コンクリート壁にも杭を打ち付けました。
理由は土圧で土留めが押されても、コレだったら
押さえられるんじゃないかなぁということで。

P9060195.jpg
そうして掘った穴に杭を打ち込み、長尺の土留め(約4m)を
打ち付けていくのですけど、コレがタイヘン。一人でやってると
「押さえててもらってる間に木を固定」ってのができないので、、、

P9060196.jpg
まぁこーいう↑ことです。水平を見て捨てビスを打ち、
そこに板材を載せてクランプで仮固定。そうしてから
ステンレスビスで打ち付けていきます。

P9060197.jpg
天端が決まっちゃえば、あとはそれにクランプで仮固定して
バンバン固定していくんですけど、クランプで固定可能の幅の
段をを超えたところでその日の作業終了。

P9060203.jpgP9060204.jpg
こんな感じです。

前もって職場の同期に手伝いをお願いしてたので、
次回に来てもらいイッキに仕上げます。
玄関前の庭をつくる。第4段です。
前もって業者さんにあらかた土地の整形をしてもらったので、
あとは自分でイイ感じにします。

P9030121.jpg
まずはレベル(水平)をとります。
家を建ててもらったSUDOホームのFさんに電話して
ピャッとレベルを借りてきて、基準を取るだけだから
モノの1時間とかからず杭にチャチャッとマーキングして終わり。
で、SUDOホームさんの業務に支障があってはタイヘンなので、
その日のうちにレベルを返します。

次に土留めの木材を打ち付ける杭を埋めます。
P9030122.jpg
いいところまで穴掘ってあとはハンマーで打ち込む。
業者さんにイロイロきいたところ、土留めの杭の
地下の深さは、地上部×1.5倍が目安とのこと。
この段は木材105mmの3段で考えてるから、地下部分は
500mmくらいになるようにした。

P9030123.jpg
レベルで出した基準に合わせて杭を打ち、部材を置いて
水平の確認。一発でバッチリでした。b(^-^)

P9030126.jpg
あとは水平が狂わないように気をつけて、部材を杭に
打ち付けます。下穴をあけてステンレスビスをねじ込みました。

P9030124.jpg
軽く埋め戻してこの段が終了。
これくらいなら早いものです。

これで土留め施工の1日目の終了。
まぁ一人でやってましたからねぇ。
玄関前の庭をつくる。第3段です。

当初土留め用に防腐剤浸透材のオーダーを考えていて
見積もり取ったりもしていたのですが、知合いの業者から
ひょんな事からクレオソートの浸透した防腐材をもらえることになった。

P8190283.jpg
「持っていけるならあげますよ」とのことだったので、
「オレも欲しい」という職場の先輩とトラックを借りて
もらってきた。

牧場で馬防柵に使っていたモノのようで、ところどころ
馬の毛がついています。でも本当にラッキーだった。
だって単純にウン万円するところでしたからね。

P8190287.jpg
ま、いちおう中古なのでクギがついています。
トンカチとペンチだとかで抜いていきます。


P8190286.jpg
今回こんなブロック状のももらった。
まだまだいっぱいあったから、オクサマに話したら
木道(木で作った飛び石)つくろうってなったので
またもらいにいこうかな。

P8190289.jpg
3時間くらいでクギの処理も終わり、犬走り
重ねて置いて作業終了。それなりに臭うから
早くやっちゃわないとなぁ。

細い材でも長尺なのと、防腐剤が浸透しているので
1本1本それなりに重いです。
関係ありませんが、9月5日で35歳になりました。
もう四捨五入で40ですか。早いものです。
早くシブイおやじになりたいですね。

さて今年の夏の異常な暑さがやっと収まりかけてきた9月。
つまりやっと庭仕事が出来るようになったので、前回から
玄関前の庭づくりを始めています。

前回土地整形にスコップいっちょで果敢に挑んだ結果、
地中の根に完膚なきまでヤル気を打ち砕かれたオッサンは
さっそくプロに頼みました。
お願いした業者は、近所のおばちゃんに以前紹介されて
ウチの下水工事をお願いしたところ。ちなみに何件か
見積もり取ったけど、結局そこが安かったのと
過去に職員の人が話しやすかった経験から。

で、頼んで10日くらいたった「台風がくる」という日に
来てくれることになった。いろんな工期の関係でその日しか
なかったらしい。



当日の朝。業者さんがきた。





P9030103.jpg



・・・





ユンボがデカい!


ショベルカーはチビユンボを想像していたからそのデカさに
まず驚き、次に「4人工」という人数に驚いてる
ワタシを尻目に、プロはチャッチャと仕事を始めます。。

P9030104.jpg
始まったらまぁ早いのなんの。重機とプロのコンビネーションの
仕事は、そりゃ舌を巻くクオリティとスピードに感心します。

。。。と、やっていると、なにやら太い根っこがあった様子。
P9030111.jpg
ワイヤー掛けてもツルっとはずれて抜けないので、重機でワイヤーが
しっかり掛かるように根の状態をよくしていきます。つまりバケットで
押したりしてたんだけど、

P9030113.jpg
わかるでしょうか?重機の片輪が浮いているの。
そんなドデカイ根があったのです。


イロイロ処置をした結果ワイヤーをかけて、引っこ抜いた。




P9030117.jpg






・・・大人の身長くらいの根。。。








こんなデカイ根、剣先スコップいっちょで
掘れるわけナイだろ!







P9030119.jpgP9030120.jpg
そんなこんなで根も取って、あとは整形。
ここまででものの3時間。

結局あまった土砂の廃棄も頼んだので、根の処分といい
本当にプロに頼んで大正解。
それでもこの後の処理で腰は痛くなっちゃうのです。
ワタシの家の玄関前。
P9240019.jpg
以前はこんなかんじでした。
家を建てる前に地主さんが植えていた
カツラ・ナナカマド・モミジがドーンとあったのですけど、
毎年カツラに黒星病が発生したり虫がすごかったりと
ちょっと大きすぎで困ったため、浄化槽から下水に切り替えたとき
業者さんにお願いして処分したのです。


P8100277.jpg
P8100276.jpg
今はこうです。ちょくちょく写真出たりもしてますけど、
ボーボーです。



で、今回はこの玄関前の庭をキレイにすることにした。


イメージはコチラ。ロックガーデン風の階段状の
花壇のイメージで、木を組み合わせます。

構想も練り終わってオクサマの承諾も済み、チャッチャと始めます。


ネコ(一輪車)を借りてきてスコップとでとっかかります。
P8100278.jpg
まずは植えてあったジャコウソウとリュウノヒゲを
避難させます。


次にあらかたのカタチをつくろうと掘ったそのとき


ガンッ!


と何かが当たった。


カツラの根でした。。。


今年の夏はタダでさえクソ暑いのと根堀りの大変さが
アタマをよぎったのとでイッキにモチベーション低下。
サッサとやめました。(根性無し)


というよりも7:3くらいで自分で掘れたら掘って、
でもダメだったら業者にお願いしようと思っていたので、
ようするに想定内。

カラダ壊す前にピャッとあきらめるのが重要です。


経験上、土木は業者に頼むべきなのです。(^-^;