上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太陽光発電、考えていたのとちょっとちがって
いろんな手続きと段取りがあるようです。

まずは国に申し込んでいた補助金の申請手続き。
PA012869.jpg
・・・は、業者さんが代行してやってくれるのですけど、
(もちろん代行手数料はかかる)この受理決定通知書が
届いてからでないと工事にとっかかれないのだとか。


PA012870.jpg
取り付けにかかる工事の日程というよりは、国や電力会社との
やり取りによって全体の工程が左右される感じ。

ま、そーですよね。モノなんてメーカーに発注して
職人の手配さえついちゃえばチャチャッとできちゃうんだから。


PA072941.jpg
で、三好電気さんが今後の打ち合わせと室内に取り付ける
モノ(接続機とかパワーコンディショナーとか)の
取り付け位置と配線の下見をしに来た。

連休明けの天気のイイ日にパネルを取り付けるらしい。
残念ながらワタシは仕事なので作業は見れなさそう。

どんな感じになるか楽しみです。
太陽光発電設置の契約をしちゃいました。

話は唐突ですが、なんせ流れも唐突だったもので。

きっかけはコープさっぽろの事業展開のひとつであるエネコープ
うちはトドックもやっているのですけど、それに同封されていた
「エネコープの太陽光発電事業のサービスエリアに
 道南が含まれた」との広告があり、資料を請求すると
太陽電池LEDライトのキーホルダーを貰えるとのことだった。


そう、チビーズのためのキーホルダー欲しさに資料請求しようと
試しに見積もり依頼かけたのが運の尽き。


その後一気になんとなく夫婦で盛り上がることになった。
オクサマはエコに関心があり、ワタシは資産運用としてと
その捉え方にはスタンスの違いはあったものの、至るゴールは一緒だったので。

地元の業者のモチデンさんに見積もりを依頼し、
話はイッキに加速していく。



ここでオクサマと
「いちおうSUDOホームのFさんにも話聞いておくか~」
と、また意見が一致。

で、Fさんに紹介された三好電気さんにも見積もりを依頼した。
ちなみに三好さんはウチの電気関係を施工してくれた会社。


P9272766.jpg
結果、三好さんを紹介してもらった翌日には契約に至り
ハンコを押していた(笑)


決め手は何個かありますが、
① なるたけ地元の業者の方がイイ。
② 三好さんの三菱電機のモノは屋根タルキに固定するモノだった。
③ 価格を頑張ってくれた。

①はエネコープを悪く言うわけではないですが、大手で元請けだと
 結局地元で施工するのは下請けなワケで、であったら地元の
 業者に直接カネが届く方が心理的になんとなくイイ感じかなぁ、と。
 あと何かあったときに直でパッと言えるし。

②はSUDOホームのFさんのアドバイスによります。三菱以外は
 太陽光パネルの架台の固定は屋根の野地板、つまり合板にビス留めらしい。
 これは屋根断熱をしているSUDOホームの場合ビスが場所によっては屋根内の
 断熱材に露出することになり、それが冬場に冷えることで屋根の内部で
 結露をする恐れがあるとのこと。結露=水の発生は、建物にダメージを与える
 危険性が高まります。三菱の場合は架台は屋根タルキに固定するモノ。
 これは強度を確保できることはもちろんなのと、ビスが空気に露出しないので
 結露の危険はありません。

 太陽光パネルと家、どちらの優先順位を上にするかは人によって違うと
 思いますので、イイ悪いの話ではナイと思います。まぁウチら夫婦は
 家の安全性を優先したということです。

③金額はイロイロ迷惑をかけてもアレなので具体的には出せませんが、
 交渉の結果としてシャープの同出力のシステムとほぼ同価格、というより
 少し安くしてもらえました。コレも「大手が競合で値を下げる」のは
 結局下請けを締め付けているのは想像に難くないところです。
 地元業者の見積もりが高いってんならともかく、同じ金額を
 支払うということなのであれば地元に落としたいところです。


まぁそんなこんなで契約に至りました。

ガレージの屋根に上って確認する。
P9272769.jpg
この屋根に取り付けます。どんな感じになるのだろう。
屋根の日当たりが気になってきました。影があるなぁ。

P9272770.jpg
この木の影か~、少し高さを抑えようかな。
倒すのはアレだけど。

P9272771.jpg
関係ないけどこの角度から見る縁台ってカッコイイかも(笑)


竣工予定が10月21日くらい。今から楽しみです。
珪藻土の塗り壁。
最近流行りの内装で、とても雰囲気があります。

ですが、それなりにリスクもあります。
モノをブツけて欠けたらなおらないし。

なかでも困るのが

汚れたらとれない

P6131886.jpg
弟チビが壁に落書きしてました。
P6131887.jpg
こーなるとはっきり言って復旧不能です。
サンドペーパーで削るとヘンなクロズミがついちゃうし、
拭いて消えるモノでもない。


まぁ心の持ちようなのでしょうけどね。
下手に子供を怒っちゃったりすると、、、
P6131884.jpg
オヤジ(ワタシ)にこっぴどく叱られてふてくされる兄チビ。

こーいう風景↑と上手く折り合いをつける生活が求められます(笑)

オクサマはワタシに怒るし。。。
ってアタリマエなんでしょうが。
かなり前の話になりますが、、、

ウチのオクサマと家の改築に絡む話が持ち上がり、
SUDOホームのFさんと連絡を取ったところ、検討するため
見積もりを依頼する事になって、伊達市内のSUDOホームの
事務所
に行ってきた。

P2020883.jpg
何度かレベル(水平器)とか借りに行ったりしていますけど、
何度行ってもそのオシャレなインテリアはスバラシイ。

スーク札幌の北欧家具、澪工房のテーブル、
glaglaのペンダントライト、そしてワタシの師匠の
湯ノ里デスクの小物。

これらを眺められるだけでも嬉しくなります。
欲を言えば旅する木さんのオーダーキッチンなんて
置いてあったら空間としてはパーフェクトですね。
(ワタシの趣味的に)

P2020882.jpg
。。。で、Fさんと打ち合わせ。
こちらの要望をすべて伝えて見積もりをお願いし、
あとは雑談を。

相当忙しいのであろうに、Fさんは嫌な顔も見せず
付き合ってくれた。最近の建築業界事情についても伺って
これまたとても参考になる。


・・・

記事書いてて思ったけど、こんな感じのカフェが伊達とか
室蘭とかに1件でもあれば流行るだろうなぁ。。。と思うのは
ワタシだけでしょうか。

伊達は街の規模に対してイケてる飲食店が多いわりに
「オシャレなカフェ」が無いような気がします。まぁ人口が
3万6千人の街じゃぁ経営的に難しいのかもしれませんけどね。

洞爺まで行くとパティスリーヴィオレットがあったり
ウインザーホテルのパンだったりとこのエリアは
オシャレでウマいモノって意外とあるんですが、
「それらを楽しむ空間」となるととたんに思い当らなくなってしまう。

SUDOでつくった店舗で、ヴィオレットのスイーツで
モリヒコのコーヒーとかなんてあれば毎週通っちゃうのに。

。。。という妄想を膨らませてくれるSUDOホームのショールームでした v(^-^)
SUDOホームの住宅について同僚だったり
知人だったりに訊かれることが結構あります。

その都度
「SUDOが欲しくて、なんとか買える
 状況なのだったらSUDOを買った方がいい」
と答えています。
だって実際かなり満足してるし、というよりも
SUDOじゃなかったら後悔してたな、と思いますから。
もちろん経済的なムリはイカンですよ。

その結果この前友人がSUDOで建てました。
ま、やってることは営業みたいなモンですね(笑)



そんなSUDOホームですけど、この季節。
住んでみて一つだけ困ったことがあります。



それは






魚を焼いていると玄関ドアがあかない
(家に入れない)





・・・っつってもよくわかんないでしょうね。(^-^;
理屈としては、住宅があまりに高気密すぎて、
(SUDOの自社基準とのこと)
換気扇が作動していると室内が屋外に対して
負圧(気圧が低い状態)になり、玄関ドアを
引っ張っても開かないくらい重くなるのです。

つまり海に落ちた車のドアが水圧で開かないのと同じこと。

もっと具体的に言うと、それでもなんとか
「おりゃーっ!!」っと力づくで引っぱって玄関ドアを開けると
「びゅおおおぉぉぉっ!!!」
と屋外から屋内に風が流れ込んでいきます。


夏場は窓を開けているのでまったくこんなのはナイのですが、冬は
窓閉めて換気口も閉じちゃうとテキメンにこの現象が発生します。
ジンギスカンやって換気扇使った時もおんなじです。


ま、高機能の裏返しなんですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。