上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.04.11 組み立て1回目
前回の記事で私生活でイロイロあった、と書きましたが、
それに伴い複数のご心配していただいたメッセージをいただきました。
どうもありがとうございました m(_ _)m
また心配をおかけして申し訳ありません!!m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

・・・実はこの3月にクルマを買い替えたのですけども、
それに関連してたくさんのことを処理しなければならなくなり
若干アタマの中がパンパンに。加えて年度末だったし
仕事はそれほどでもないのですが(笑)サッカークラブのことや
家族旅行も入ったりと、まぁ忙しかったワケです。

やっと落ち着いてきたので(現在進行中のネタもまだあったりしますが)
またボチボチ更新していきます。
どうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m


というわけで昨年末に作成した木工ネタの続き。
姪っ子のままごとキッチンをつくる。
前回に続き、1回目の組み立てです。

・・・の前に、今回は構造と選択した部材の強度から、
基本的にダボで部材を接続することにしました。
IMG_9523.jpg
なので接着前にダボ穴を彫っておきます。

IMG_9524.jpg
そしてもう一つ事前の段取り。
ダボ接続しない棚板の奥の転落防止の部材を
接着剤+ビスケット+クランプで圧着します。

これで大体の事前準備完了。組み立てていきます。

IMG_9529.jpg
まずは上部の棚部分から。
接着剤を塗ってビスケットを差し込んで、クランプで圧着します。

あ、クランプの写真撮るの忘れてた。
まぁいいや。

IMG_9534.jpg
続いて下部のキャビネット部分。

箱形状は事前の組み立て順の確認と段取りが結構重要で、
これをしくじると痛い目に遭います(笑)

段取り完了。とっかかります。

IMG_9535.jpg
まぁやることは一緒なのです。

接着剤塗ってビスケット差し込んで組み立ていきます。

IMG_9536.jpg
縦の部材と横の部材、そして背面板を
順序どおりに組んでいきます。

やってるそばから接着剤が乾いていくので
本当は写真なんて撮ってる場合じゃないのですが(笑)
さすがに素人でも10年も木工やってると施工途中の
撮影の経験も蓄積されまして。 (^-^;


さて、ざっとクランプで圧着を終えた後は・・・

IMG_9537.jpg
事前に彫っておいたダボ穴にビス留めのための
木ネジを打ち込み、10mmの丸棒を差し込んで
はみ出た部分を切ってダボ穴を埋めます。

IMG_9539.jpg
上部の棚部分も同様に。
この作業は大きな音も大して出ないので、ボンズどもの
寝静まった夜にとっておきのテンプルトン・ライなんぞを飲みながら、
チマチマと作業。

静かな夜に飲みながら、というのは趣味の時間としては
かなり最高な部類になると思うのですが、さすがに
刃物を使った工程ですので怪我には気をつけます(^-^;
まるまる1ヶ月以上更新が開いてしまいました。。。

私生活でちょっとイロイロありまして
(悪いことではないです。そのうち記事にするかもです)
なんせ忙しく。
まぁ仕事でやってる訳じゃないので、今後も無理ない範囲で
マイペースで更新していこうと思います (^-^;

さて姪っ子のままごとキッチンをつくる。
上部の棚につづき、下部のボックス部分をつくっていきます。

設計図に基づいて
IMG_9499.jpg
材料をバンバン切っていき、、、

IMG_9515.jpg
ビスケットジョイナーで彫り込んで、、、

IMG_9517.jpg
仮組み。

ここまでは早い。
(と言っても1時間くらいはかかってるかも)


仮組みでアタリを出してから一旦バラし、
IMG_9521.jpg
背面板を仕込むための溝を掘るために
作業台にトリマーテーブルをセット。

IMG_9518.jpg
で、ガリっと掘ります。


せっかくトリマーテーブルをセッティングしたので、
IMG_9522.jpg
扉部分の鏡板を入れる溝も掘っちゃいました。

2017.02.28 義弟の依頼
昨年10月末くらいだったかどうか忘れましたが、
ウチのオクサマに義弟から何やら頼まれごとの連絡がきたらしい。

いつも本当に世話になっている義弟なので何事かと思ったら

姪っ子のままごと用のキッチンを作ってほしい
とのことだった。

姪っ子は2歳で、料理好きの義妹のお母さんに似て
いつもままごとをして遊んでいるのだとか。

オクサマと当初は
「せっかくだからちゃんとした製品を買ってあげようか」
と話していましたが、逆に義弟夫婦が恐縮しちゃっても
申し訳ないなという話になり、クリスマスを目標に
つくることにした。

・・・のはいいのですが、なんせ当時は
弟ボンズの勉強棚をつくっていた真っ最中。

忙しい時には重なるものですね(笑)

というわけで、弟ボンズの棚が完成した直後から
間髪開けずに姪っ子のままごとキッチンに取り掛かりました。

IMG_9494.jpg
設計後、ホームセンターでパイン集成材を買ってきました。

過去の経験上、自由に設計するのではなく
販売している材料のサイズから考えた方が材に無駄がなく
コスト的に上手くいくことがわかってきたので、
今回は材のサイズから図面を引きました。

IMG_9495.jpg
で、切っていきます。
長尺の材を切り出すことから、テーブルソーではなく
丸ノコ+定規で切ります。

IMG_9496.jpg
縦に一定幅で何枚も切るときは一度テーブルソーを
セットしちゃえばあとは楽。バンバン量産していきます。



キッチン上部の材を切り出し終えたら、、、


IMG_9500.jpg
墨をつけてビスケットジョイナーで掘って、

IMG_9501.jpg
仮組み。まあまあいい感じです。


上部の棚部分は簡単ですね。問題は下部の箱部分。

ハコモノは大変なのです。
毎年楽しみにしている伊達市でのイベントに
「楽市蔵座」というものがあります。
今年も開催されるようです)

昨年も見に行ったのですけど、そこで伊達市内に在住の飛世さん
という木工作家さんのブースコーヒースプーンをみつけて
「欲しいな」と思いました。が、やはりかなり人気商品のようで
会場では欠品していました。

その後しばらく金欠だったことからアレでしたけど(笑)
先日思い出して欲しいなと思いましたが、ココでまぁ
困りました。

・・・というのは、飛世さんについてはネット上でも極端に
情報が少なく、何らかのクラフト系のイベントでも無い限りおそらく
接触できないのでは?というくらい連絡先も
わからない状況でした。


それで、前述のイベントに参加していた「青葉」の新田さん
試しに話を聞いたところ「うーん、私もわからないですね~」とのこと
でしたけど、「あ、カンノさんならわかるかも♪」と教えて
くれたので早速Facebook友達であるカンノさんに
Facebookメッセージで窺ってみたところ、、、
「トビちゃんならわかりますよ~♪ 喜んで紹介します^^」と
ご紹介いただけました。

・・・で、やっとのことで連絡がとれたのですけど、
当時(2月)どうやら飛世さんは腰を痛めていたらしく(^-^;
制作については快諾いただいたのですが、そこからさらに
待つこと約1カ月。。。

ついに完成の連絡をいただき、受け取ってきました!

P3122555.jpg
オシャレな紙の袋に入れてくれました。

P3122556.jpg
おおぉぉ~、コレコレ!(^-^)
素晴らしい質感です♪
ブラックウォールナットですね。

P3122559.jpg
真上から見たシルエットはこんな感じで、

P3122560.jpg
スプーン裏側の手彫りの面がとても
手触りがよく、しかもカッコイイ。

P3122562.jpgP3122561.jpg
柄の部分の形も、手にしっくりきて
かなりデザイン的にもイイ♪

P3122563.jpg
ワタシのiPhoneと昨年買った
メープルのスプーンと。


飛世さんとお話ししたところ、ネット上に
ご本人と作品の情報が少ないことに関しては、、、

「やっぱり手にとってみてから
 買ってほしいなと思いましてね~ (^-^)」

というこだわりを窺えました♪

作品のデザインといい質感といい、
また制作の手間と品質を考えると、
見つけたら買い!の逸品だと思います。


手に入れられて本当に良かったです。
大切に使います b(^-^)
4月に入ったある日、仕事明けで家に帰ると
ワタシ宛てになにやら届いていた。

P4119141.jpg
なんだ?と思って差出人を見たところ、
ワタシが木工にハマるきっかけになった
札幌の材木店である木心庵(河野銘木店)
元店員さんであった木材の師匠(オントシ70ウン歳)で、
今ではワタシなんぞの若造が年賀状のやり取りとfacebookで
交流をさせていただいている方からの荷物で、
「木材不工材」と書いてある。


全く心当たりが無かったことから
・・・はて?と思いながら開封。


P4119149.jpg
中には手紙とヒノキの柾目の荒材が出てきた。


その達筆な文面を読むと、どうやらこの前ワタシがfacebookに
この包丁欲しいなぁ~♪ 長すぎてウチのマナイタから出ちゃうけど」
とボヤいていたのをご覧になった師匠がワザワザお気を回して
デカいマナイタ用の材を送ってくれたのです。


P4119151.jpg
立派な素晴らしいヒノキの柾目板。


しかも

「鉋の使いこなせるアンタ用に
 加工してない材を送ります」

とのこと。


ほほぉ~ (・o・) この、全く技術がないクセに
いつも目標ばっかり高くて失敗を繰り返す
筋金入りのド素人のこのワタシに、
ウデを見せろとおっしゃいますか。。。 (^-^;




・・・師匠、完全にワタシの技術レベルを見誤っています!(笑)




ワタシはそんなに鉋は上手くないですし(完全に独学&
それほど経験もない)、ヒノキとかの軟い材用の刃の寝た鉋も
持っていません。。。orz (-o-;




でもこれはイイ機会ですね♪

せっかくいただいた素晴らしい材なので、
特訓も兼ねてとっかかろうと思います。


DSCF0228.jpg
鉋と材とストッパー用の材とクランプを用意。

DSCF0232.jpg
何度も何度も刃の出と裏金を調整して、
逆目を抑えるように鉋をかけていきます。

DSCF0233.jpg
アタリマエに鉋屑がドンドン出てきます。

これくらい鉋屑が出ると、ヒノキの独特の
木の香りがガレージ中に充満します。







そんなことしていたら、、、




DSCF0230.jpg
幼稚園から帰ってきた弟チビが鉋屑で遊び始めます。

でも危ないからおとーさんの近くに来ないでね。
「後で公園でサッカーしてあげる」と約束させられ、
なんとか家に入ってもらいます。(^-^;





・・・さて、40分くらい頑張ったでしょうか。


DSCF0239.jpg
まぁまぁどうかな~?というくらいまでは
なんとか来ました。


でもよ~く見たり触ったりすると、やっぱり
まだまだアレです。。。orz





ココまで本気でひたすら鉋かけたの初めてです。
いや~、本当にイイ機会だったと思います。


Sさん、どうもありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。