上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きです。
クルマにとりつけます。

P1250842.jpg
本体設置は吸盤でつけるだけなのでカンタンです。
P1250844.jpg
配線も押し込むと見えない。イイ感じですね。


・・・で、今回なやんだのは電源の取り回し。

EG-R330はシガープラグから電源を取るコードが
付属なんですけども、、、



配線が車内に見えるのが無粋でキライ
なワタクシ。うまいことナントカならんかと検討します。

まぁコードにギボシ端子つけてオーディオなり
シガーソケットなりの電源から取ることは作業的には
それほどムズカシイコトではないのですが、今回問題なのは
仮にシガープラグ内で変圧しているものであった場合
ソレをはずして電源直結にしちゃうと、探知機本体が
壊れてしまう恐れがある
こと。

なので調べます。まずは取扱説明書を眺める。
P1310865.jpg
ふむふむ、電源直結用ケーブルが別売りか。

P1310866.jpgP1310867.jpg
取説の中の仕様書を見ても12V用だと書いてある。

。。。だから多分直結で大丈夫なんだろうけど、
さらに万全を期するためメーカーに電話で確認。

担当の方は、
「シガープラグ内で変圧してナイですよ」
とアッサリ教えてくれた。
ユピテルさん、どうもありがとうございましたm(_ _)m
ただしあくまでEG-R330の情報です。他の機種はきいてません。


さて安心してとっかかります。

P1310868.jpg
ワイヤーストリッパーで余分なコードを切って
家の中に持ってきた。車庫はカナリ寒いですから。

白線がプラスで黒線がマイナス。
ギボシのオスメス方向を毎回確かめ、
スリーブも確認してやっていきます。

とチマチマやってるところに弟チビが
昼寝からおきてきて遊びだした。
P1310869.jpg
ケーブルが長かったので、シガープラグ用と
電源直結用の2種類つくりました。
シガープラグ用は当面使う予定はナイですが、
他の車両で使ったりするときに一応あれば便利かなと。

あとは車両側の加工です。
P1310871.jpg
ヒューズボックスのシガーライターのヒューズから
i-pod用の電源を取っているので今回は
ソコからとります。ACCスイッチに連動ですしね。


で、アースもしっかりとって本体と接続し、
ドキドキしながらACCスイッチオン。



・・・


アッサリ起動。
成功です。(^-^)d

構想3日、事前調査1日、施工2時間てとこです。
先日のこと。


ずっと欲しかった、ユピテルのEG-R330をオークションで落とした。
選んだ理由はデザインが刺さったから。

最近のレーダー探知機の大きい液晶は趣味にあわなくて。
ていうかソレ↑を条件にしたらはっきり言って他にナイ。
だからずっと欲しかったのです。


で、、、落札。

P1240823.jpg
オシ。届いた。
がしかし、車内の設置に悩みます。

内装のエクセーヌ(現在の名称はアルカンターラ?)に
テープ貼りはしたくないしなぁ。

。。。の結果「旧レーダー探知機のステーを利用」で
やってみることにしました。


P1240822.jpg
↑旧レーダー探知機。
10年以上前に大学生の頃ホーマックで買った安物です。

でもコレにかなり助けられました。(^-^;
このステーを使います。

まぁつまり、
P1240826.jpg
コレらを組み合わせて使うと。

P1240827.jpg
さて、まずは古いレーダー探知機をバラし、、、

P1240828.jpg
下面のパーツを用意。

P1240830.jpg
必要部分(ステーとの接続部分ですね)を
ガリガリ切っていって、、、

P1240833.jpg
こんな感じで切り出し完了。
あとは両面テープで固定。

P1240834.jpg
↑こうしといてからステーと合体して、
P1250837.jpg
こんな↑感じ。

これで取り付けがらみの懸案は解決。
あとは電源周りの問題ですね。

それは次回。
2011.01.14 クルマが寒い
ワタシのクルマ。
平成4年式のM2-1002(ユーノスロードスターの限定車)。

その頻度から毎回記事にはしていませんが、ちょいちょい壊れています。

で、現在のトラブル。大きく3コ発生中。


その1

かなり冷えると
オーディオのボリュームが逆転する。

PA290001.jpgDENONのDCT-R1です。

・・・とだけ聞いてもよくわかりませんね。
具体的に言うと、朝仕事に行こうと不用意にエンジンを始動すると、
突然オーディオが大爆音でかかって
心臓がビクゥっっっ!!!となる。

ウチのカミさんは先日あわててエンジンを切り、
テンパって電話してきました (^-^;

よーするに過度に冷えることでボリュームの接点不良が
発生しているそうです。だからしばらく走っていると
オーディオ本体の発熱で接点がフッカツして正常に戻るので、
その都度外部入力に切り替えて無音にしてボリュームを調節、
という極めてメンドクサイ操作をしています。

一度修理会社に連絡して見積もり取ったところ
2万(送料他別途)
と言われガックリ。なので修理は延期中。


さてトラブルその2

バッテリーが瀕死

コレはシンプル。さむ~い朝にエンジンを始動しようとすると
ギョギョギョギョギョギョギョギョギョギョギョ ブルン ルルルルル~」
と、かなりヘロヘロ。いつかかからなくなったら
少なくとも仕事には行けません(涙)

買いかえりゃ済むコトなんですけど、ロードスターのバッテリーって
特別開発された特殊なモノでこれも見積もりが
「純正で\25,000」
で悩み中。カミさんに言えば出してくれそうですけどね。
安い解決策をいま模索中です。


そしてトラブルその3

暖房が利かない

この時期はコレが一番キツいかも。
原因はアタリがついていて、サーモスタットが壊れて
冷却水が廻りっぱなしの様子。その証拠にどんだけ走っても
水温が上がらない。

これは調べたらDIYでできそう。
ディーラーに部品を注文したので近々修理したら
記事にする予定です。


古いクルマに乗り続けるというのは、
つまりこういう毎日なのです。
2009.04.22 どっちが先?
ワタシのクルマのドアのインナーハンドル。
以前折れていました

いかんせんクルマが古すぎることとマニアックな限定車のパーツで
あることが災いし(イヤ、だから好きなんだけど 笑)、もちろん
同じものは今では購入不能。(ていうか純正も生産終了で在庫ナシらしい)

たまにオークションに出てきますが、前回眺めてたところ結局
5万オーバーで敢無く落札を断念。
社外品をひとまず代替に取り付け、外したインナーハンドルを
折れた部分の溶接について知合いの板金職人のツテで
職人さんに依頼していたところでした。

で、先日溶接が終わり上がってきた。
P4060230.jpg
P4060229.jpg
いやぁー、素晴らしい!(^o^)
溶接前が
P3170185.jpg
こー↑だったので、「溶接跡がわからない」とまではいきませんが、
そもそも他の部分も傷だらけなので(笑)、全然目立たない。

喜び勇んでチャッチャと取り付けます。
P4060232.jpg
内装をはがして

P4060235.jpg
取り付けました。
もちろん強度もバッチリです。




今回あらためて考えたけど、

愛着があるから直すのか、
直すから愛着が湧くのか。


どっちが先なんでしょうね。





消耗品としてドンドン取替えて、古いのを捨てるのは確かに便利かもしれません。

でもなんとなくワタシはそーいうのがあまり好きでなく、
トコトン気に入ったものを永く大切に使っていきたいと思うクチです。

高いものが好きってんじゃなく、ワタシの感性に刺されば
100円ショップのモノで10年以上大切に使っていたりするものも
あったりします。

そう、判断基準は
「刺さるか刺さらないか」(笑)

刺されば高いものでもカネ貯めて何とか手に入れ、それを大切にしますけど、
刺さらなかったら逆にどんなモンでも良かったり。


だれにも理解してもらえない価値観ですけど、こればっかりは譲れません(笑)
ワタシのクルマ

わりと古いです。

旧車と呼ぶにはおこがましいですが、決して新しくはなくて、
傾向としてコンスタントにトラブルが起きるのではなく、なんとなく
「貯めてズドン」
とくる困ったちゃんです。(笑)

今回のトラブル第1弾は1月。

ワタシが休みで妻が仕事の日は、基本的に妻がワタシのクルマで
仕事に行きます。(妻の運転する自分のクルマを見るのが実は大好き 笑)


で、妻が仕事に行きワタシが
チビのお守りをしていたある日のこと。

妻から
「ドア開かないんだけど」
との電話。

キーシリンダーが凍ったことはしょっちゅうなので、

「助手席から乗ってクダサイ」

と指示を出し、妻の帰宅をうけてから原因を探ったところ。。。


「・・・コレはぶっ壊れたな・・・」と判断するに至るまで20秒。


グダグダ考えるのもメンドクサイのでディーラーに持ち込み、
(だってドアを開けれないんだもの)
「ドアロックのスプリングが折れてた」という結論で一安心。


おっけー。それならワタシにはお手上げです。


で、なおしてもらい、乗ってること1ヶ月チョイ。

インナーハンドルの破断に気づく。
P3170175.jpg
ドアを開けようとして

「ぐにょん」

と妙にたわむので良く見たら折れてやんの。
P3170176.jpg
ああ、ダメだこりゃ。

たまたまヤフオクで同じ部分が売りに出されていたので
観覧しつつ入札を狙っていたところ、

「5万」を超えたところで
「ハイ、予算オーバーです」
とサッサとあきらめ、直す方向で考えた。

まぁ溶接で直すにしても、ドアが開かないんじゃぁ
クルマとしての資質を欠いてしまうことから、
KGワークスのクロームのものを購入し代替で取り付ける。


P3170182.jpg
コレが思いのほか刺さる。厚みといい操作感といいかなりイイ。


KGワークスさんもイイもの出しますねぇ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。