2017.02.03 塗装しまくる
弟ボンズの勉強棚をつくる。

部材の多さによる工程の増加に途中で心が折れましたが(笑)
折れてもやるしかないのでやってます(^-^;

だいぶ部材の段取りが終わったことから、
最後だ!ということでガンガン塗装していきます。

IMG_9079.jpg
まずは段取り。兄ボンズの棚のときに使った白ペンキと
オイルフィニッシュとを組み合わせることにします。

IMG_9080.jpg
先にペンキ塗りです。
塗っちゃダメなところにマスキングして、

IMG_9081.jpg
ペンキを何回か重ねて塗ります。
今回はシナベニヤの切断面をペンキ(オフホワイト)で
塗ることにしました。

IMG_9082.jpg
塗り終わったら乾燥させます。100円ショップで買った
食器立てが活躍しています♪ (^-^)d




塗装が乾いたのでマスキングを剥がします。


IMG_9085.jpg
・・・と、そこにクライアントの弟ボンズ登場。
当然「俺がやる!」と騒いだので
やっていただきます(笑)

IMG_9087.jpgIMG_9089.jpg
ただ剥がせばいいだけなんだからそこまで真剣に
やらなくても大丈夫だろうと思いましたが、
かなり集中してやっていました。

・・・の横で「俺はカンケーねぇ」と風呂上がりに
図書館で借りた本を読む兄ボンズ。。。(^-^;

IMG_9092.jpg
棚板のマスキングも丁寧に剥がします。


て感じでペンキ塗装は終了。
後日オイルフィニッシュにとっかかります。




もちろんこの工程も、、、


IMG_9100.jpgIMG_9104.jpg
「俺がやる!!」と弟ボンズ。
なかなか頼りになるオトコであります。

IMG_9108.jpgIMG_9110.jpg
小学1年生って、ちょうど学校で
水彩画を勉強し始めるんですかね?
意外と筆とハケの使い方が上手かったです。

IMG_9111.jpg
最後は本体の塗装。
塗り残しのないように、まずは底面から塗って拭き取り。

IMG_9112.jpgIMG_9114.jpg
背面・内部側面等、観てる側としては
とにかく塗り残しだけ気をつけて職人にアドバイスして
塗っていただきます。

箱物は、塗装も塗る面が多くて意外と時間と塗料を使います。

IMG_9119.jpg
で、塗装完了。あとは乾くのを待ちます。

材料に杉とカラマツクロスパネルを使った結果でしょうか。
オイルを塗るとガラッと緋色に変わり、木目がくっきりと出て
なんともカッコよくなった。

よくよく考えてみたら、材料はおそらく
北海道産杉と北海道産カラマツのクロスパネル。
まぁ棚板とか引き出しのシナ合板はどこだかアレですけど、
まあまあ地産地消か。

ボンズらへのそのアタリの教育にも使えそうです♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/990-a5a020c6