上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またも前回からズイブン間があきました、座椅子をつくる。

サッサとやりたかったのですけどね。ただ、別にほったらかしてた
ワケでもなくて、ただ他のモロモロのコトで忙しかったのです。

本業の仕事・スキー・作業代の破損・オヒナサマのケースの修理・
ガレージドアの異常・家事・赤ちゃんと遊ぶ・オクサマの化粧箱の
修理ほかイロイロ。。。

仕事以外は全部ブログのネタにしたいモノでいっぱいです。

が、写真がナイ。(撮り忘れた)


というわけで(どういうわけだ)座椅子の試作品の続きです。


前回作ってて気になったのが、フレームの横桟のいろんなことについて。
ようするに、あくまでデザイン上の問題ですが、フレームのタテ部分に
はテーパー(垂直じゃなくて若干の角度)をつけたかったから、今回は
横桟のホゾに角度をつけて作ってみました。

で、中間の写真を取るのを忘れていたので、イキナリ仮組み。


P3070509.jpg
わかりづらいですが、すこーしタテの背もたれの受けが
「ハの字」になっています。

マスキングテープをクルッと巻いて両面テープ代わりにして仮組み続行。

P3070508.jpg
座面も乗っけただけです。

P3070507.jpg
背もたれをマスキングテープで固定。



全体の印象として、バランスは悪くないですね。

で、改善点なんだけど

① フレームのタテとヨコの接合部の、ホゾの隙間。
② 背もたれ受けの強度。

①については、前回のジグのカラミにもなるんですけど。。。
結局タテとヨコの部材を別々に作ってからくっつけると、各々の加工が
ヒジョーにシビアになってしまう。改善案としては、タテとヨコの部材を
「あえて切り出さないで」接合し、その後でタテヨコ一体型の(L字型の)
「ならいジグ」を作って削りだす。ってのがイイんじゃないかと。

②については、今回の試作品は
座面受けの底面のフレームと、背もたれ受けのタテのフレームとの
接合部が、「1枚ホゾ」でやっている。隠しビスの方法も考えたけど
うまい方法が浮かばないので、解決策として2枚ホゾが有効と思う。



結局考えれば考えるほど


「買った方が安い」


のは事実。

でもこの「考える」のが楽しいのであります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/95-29d1c8b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。