上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨年に試作した3/4チェア

ダイニングセットのワタシの定位置として
活用していましたけども、1年が経過して
予定どおり問題が発生してきました。

P1162267.jpg
この距離でわかるでしょうかね?

P1162270.jpgP1162269.jpg
側座枠と後脚の接着が剥がれています。(左右両方)

あと前後の座枠と側座枠、前脚との接着も
一部剥がれていて、よーするに座ってると
ギシギシ鳴ってグラグラするようになりました。



ところでコレ。

ワタシの中ではあくまで試作椅子です。



人生で何個も椅子つくっていないことから、
どんなトラブルが起きるのか?
洗い出すために実験している位置づけなので、
なーんにもガッカリしていません(笑)

むしろ「やっぱりな~」的な印象です。



考えられる原因は

1 カラマツ積層合板の木口側の強度が無い。
2 接着剤が「いわゆる木工ボンド」では接着力が弱い。
3 そもそも接着面の精度が悪い。
4 隅木を取り付けていないので、構造上アレだった。

て感じですかね。
試作だから材料代ケチってるし。。。(^-^;
いちばんアレなのは3ですが、それ言ってたら
始まらないので今回は思い浮かばなかった
ということにして(笑)

2と4のポイントを改善するために、
まずは接着剤をタイトボンド3に換えて
再度接着してみることにします。

P1162272.jpg
塗ってショックレスハンマーで叩きこみ、

P1162273.jpg
クランプで締め込みます。
はみ出たボンドは拭き取ります。

P1162275.jpg
制作時の記事を見返してみたら、クランプの
当てかたのバランスが悪い印象です。

そのあたりも問題だったのかもしれませんね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/832-3dad80bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。