上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のタイトルは意味不明ですねぇ。







wikipediaで調べたドイツ語で「アキレス腱ダンレツ」(らしい)です。(笑)
(カテゴリーもつくりました ^-^;)





そう、やっちまいました...orz



この頃は(ネタ不足で)ブログの更新がかなり滞るように
なってきてて、さらに今回やっちまったことによる職場内での
異動もあり、正直こー見えてかなりヘコんじゃってたワケ
なんですよ。てことで更新が遅くなりました。
(ただの言い訳です 笑 あ、もう大丈夫ですよ b(^-^) )


さて、アキレス腱のダンレツ。
今思えば完全に兆候がありました。

サッカーのC級コーチ資格取得講習会に参加する数日前に
走り込んでいた際に右足のふくらはぎを軽く肉離れしてしまい、
テーピングで固めて講習会に参加しました。おかげで当日は
右脚は痛いながらもなんとか乗り切れましたが、翌日から
今度は左脚のアキレス腱がジンジン明らかに痛みました。
(ていうか身体中イタかったのですけど ^^;)、でも
以前から仕事中にアキレス腱がイタくなるコトとかって
珍しくなかったから、
「またいつもの炎症か〜」って感じでした。

そんなアキレス腱の痛みが数日続いてから
だいぶ痛みが引いたので兄チビのチームの練習に行って
1-2年のドリブル練習を教えて手本を見せてたとき、、、

「ココはマーカーの間をジグザグでドリブルして〜、
 ココはスピードアップ!」と踏み込んだ瞬間


バスンッ!
よく言われる「脚にボール当たったか?」という衝撃を受けて
前につんのめった。



振り向いても何も無い。


んで左足に力が入らない。





・・・・???






あ、コレはもしやアレか。

とここまでで3秒くらいで気づきましたね(笑)


コーチに事情を説明し、急きょ練習を切り上げて
オクサマの運転で夜間の救急病院へ。

IMG_8287.jpg
その待合室でパチリ。
自分で触ってみても、あるべきアキレス腱がありません。

「うーん、切れてそうですね」と当直のセンセイは循環器科だった。

IMG_8293.jpg
てことで応急処置でシーネと包帯で固定し帰宅。


明けて翌日、今度は整形外科を受診し、
「ウン、アキレス腱破れてますね。」と外国人の
センセイの診断。(日本語ペラペラです♪)

「さて、手術する方法とギプスで固めて自然につながる方法が
 あります。どちらにしますか?」

と選択を迫られましたが、事前に調べた時には
保存療法がトレンドのようなので、保存療法を選ぼうかと
思っていたのですけど、職場復帰とかモロモロ早いほうが
良いだろうと思ったことからその場で判断を変えて
「手術でお願いします」と伝えた。

「そうですね、doさんはスポーツマンだし
 それがイイですね♪ ^^」とセンセイ。

んで翌日さっそく手術。局所麻酔だったので
センセイや看護師さんと話をしながら施術。

「あぁー、doさん。ほとんど切れてますね〜」

「あ、そうでしたかー。」

・・・

「ヨシ!ウマくいった!どれ、写真撮っとこう♪
 doさん、手術うまくいきましたからね〜^^」

「そうですか!ありがとうございます♪」



なんて感じで手術も終わり、ギプスを巻いて
IMG_8296.jpg
「にぃにが押す!」と張り切る兄チビに
車椅子を押してもらって病院玄関まで移動し、
入院しないで家に帰りました。

PB211867.jpg
手術翌日に再度受診し、ギプスの一部を切除して
患部観察のための窓をつくり傷口の消毒。

そんな感じで
ダンレツ→手術と3日で一気にすすみました。


やっちまったもんは仕方ありません。
今後自分の身体と向き合いなおすための良い機会と考えて、
長い期間ですがじっくり構えて治していきたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/812-9caab2db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。