上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.11.17 配線を隠す
前回設置が済んだリビングのサラウンドスピーカー。
イイ感じの臨場感で、イイ音に包まれる久しぶりの感触♪


いやー、映画って。ほんっっっとーにイイものですね〜♪


なんて言いつつ、あんまり映画は見ていません(笑)


ま、ソレはさておき。サテライトスピーカーは
「とりあえず設置」しただけなので、、、
PA291736.jpgPA291739.jpg
こんな感じで配線は露出。
かなーり気に入らない。


無粋なケーブルが視界に入るのが許せないワタシは、
早々に処理することを決心しました(^^;


DSCF0487.jpg
知り合いの工務店のゴミ箱を漁ったところ(笑)
たまたまカラマツ(?)の板材が大量にあったことから
ラッキー!!!と積算した長さ×1.2ぶんの材を持ち帰ります。




・・・なぜ×1.2か。




それはアレですね。過去のワタシの
数えきれないほど積み重ねた失敗に基づいて
計算の結果算出された安全率ってヤツです(笑)
(カツカツの材料だとミスった時に
 リカバリー不能に陥って、やたら
 時間ばっかかかるのです。。。)



DSCF0488.jpg
さて、もらってきた材はフローリング材のようで、
当然サネ(オスメスの加工)があったりします。

DSCF0491.jpgDSCF0490.jpg
このままでも良いのですけど、仕上がりをキレイにするため
メンドクサイですがテーブルソーでサネ部分を切り落とします。

DSCF0492.jpg
切り落とした部分です。経験則から言ってこんなのを
チビーズが見つけると間違いなく危険な遊びをします (^^;
早々に片付けます(笑)


製材後は、、、


DSCF0493.jpg
テーブルソーのセッティングを変えて
ケーブルを収める溝を加工。

DSCF0494.jpg
また材はこのままだと角が立って危ないですから
鉋で面取り(糸面チリ)をして、、

DSCF0495.jpg
サンダーかけて加工は完了。



部材加工を終えたので、ガレージにあった
真鍮釘で打ち付けて行きます。



まずは壁面のケーブルの立ち上がり。

PA291739.jpgPA301746.jpg
ビフォー→アフターです。

んーむ、スッキリ♪


つづいて梁の上。

PA291736.jpgPA301751.jpg
こちらもビフォー→アフター。

当然スッキリ。


PA301756.jpg
ちなみに曲がり角のオサマリはこんな感じ。
敢えて完璧に被覆はさせませんでした。
まぁいろんな理由があるのですけど、細かくは伏せます(^^;



目的を達成したのでこれで完成♪


・・・と言いたいところだったのですけど、
PA301746.jpgPA301747.jpg
PA301748.jpg
今回取り付けた材の色が既設の木材と
比較して白すぎるのが気になる。


なので、オイル塗装することを決めて
この日も終了。


PA301753.jpg
オクサマが新聞を読んでいます(^^)

次回の塗装で完了です♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/810-567754f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。