上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウチの洗面所には奥行きの浅い棚があります。

DSCF0422.jpg
こんな感じのところに、箱ティッシュを立てて置いて
7年近くずうっと使っていたのですが、そりゃあ
「立てて置いてるだけ」だとティッシュペーパー取ろうと
引っ張れば、アタリマエに箱ごと落ちる

なので片手で箱を抑えつつ紙を取っていたのですけど、
ここ数年「なんかイイ方法ないかな〜」と気にしていたところ、
先日不意に閃いた。

てことで「思いつきやっつけ木工」にとりかかります。

DSCF0421.jpg
ついでにカンゼンに停滞していたキッチンの鏡板
リフォームもやっちゃおうと、引出の扉もとりはずした。

DSCF0423.jpg
洗面所の棚板と、今回の工作の参考にする
ティッシュボックスも用意してイザ開始します。

まずは材料を用意。
DSCF0424.jpg
ずうっと前に知り合いの工務店の廃材置場に捨ててあったのを
もらってきてストックしていたカラマツクロスパネルの端材を
使うことにした。ちょっと厚くてゴツいけど、まぁ良いでしょ♪

DSCF0425.jpg
寸法に合わせてテーブルソーでズバッと切り、

DSCF0427.jpg
はずしてきた棚板と合わせてみます。

もうおわかりですね? (^^)
棚にティッシュボックスを組み込んじゃおう、
という実に安易な発送です(笑)

DSCF0430.jpg
部材の位置を決めたら墨を打ちます。
ここもテキトーに、、、と言いたいところですけど、
コレをしくじると棚板から全てが台無しになります。

ゼロからつくる木工ならともかく、いま現在
機能していた棚をリフォームするのです。
「余計なことして失敗しやがって・・・」と言われないように、
つまり失敗が許されないので、慎重にセンを引きます(笑)

DSCF0431.jpg
書いた墨に合わせて、今回はビスケットジョイナーで
加工することにしました。dominoだと深過ぎて棚板側を
貫通する恐れがあったので。。。(^^;

DSCF0432.jpg
で、仮組みしてみます。
とりあえず大丈夫そうです♪


ワンオフの製作なのと原寸合わせでやらないと
いけないので、墨付けと機械のセッティングで
思っていたより時間がかかります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/799-e08e140f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。