ダイニングベンチを試作しています。
前回パーツが組み上がったので、今回は
サンディングしてフレームを組んじゃいます。

背板(と言うよりも腰サポートですが)の
カドのRを、型板つくってならい加工しようかと思いましたが、
DSCF0364.jpg
「ヤスリで削った方が早いんじゃない?」とやってみたら
コレが正解。電動工具は便利ですが、セッティングやら
考えると手加工の方が早いことが多々ありますね。

DSCF0366.jpg
背板を固定するフレームのビスの穴も
事前に開けときます。


で、サンディング。
・・・と言いたいところですが、まだ
その前にやっておく加工をします。


DSCF0367.jpg
部材の面取り(カドがそのままだと怪我する)の
ビットをトリマに取り付けて、、、

DSCF0368.jpg
部材を固定して削ります。この加工は
セットしちゃえばアッと言う間です。

DSCF0369.jpg
業界用語で「ボーズ面」という曲面の面取りにしました。

DSCF0370.jpg
段取りも終了して、やっとサンディングします。
針葉樹合板は毛羽立ちやすいようで、サンドペーパーが
何枚もひっかかって破れました。


こんな感じで、組み立て前の全加工が完了。


DSCF0371.jpg
てことで組みます。
前回同様接着剤と部材とクランプを用意。

DSCF0372.jpg
長さがあるので地面に置いて
ショックレスハンマーで叩き込みます。

DSCF0373.jpgDSCF0377.jpg
組んだらクランプで締めますが、
その都度直角を確認します。

DSCF0378.jpgDSCF0381.jpg
長手の材が締め込んだらたわんだので、
真ん中にクランプ入れて修正してやります。

DSCF0383.jpg
あとは乾燥させるため放置。

あと2回くらいで完成ですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/788-23c13b51