チビーズの初の夏休みとお盆のアレで、しばらく
ブログの更新が滞りました。また再開しますので
どんな方がこんなブログをご覧になっているのか、また
何を求めてこんなブログをご覧になっているのかは
まったくわかりませんが(笑)
よろしくお願いいたします m(_ _)m


だいぶ前に小樽のオクサマ方の実家に行った際、
一人で本屋に行って見つけた衝撃の本がありました。

P7271090.jpg
椅子 The Book of Chair です。
こちらに改訂版てのもありますね。

何気に手にとってパラパラ見て、
まず目を奪われたのがその引用している資料の緻密さ。

椅子に関する人間工学の論文ってネットでもボチボチ
見かけるのですが、この本に引用されている寸法に関する
情報の密度がスゴい。
P7271089.jpg
椅子の人間工学の論文資料はヨーロッパの
人間の標準体型を用いているものはよく見かけますが、
この本ではその欧米人と日本人の標準体型の比較
(ようするに胴長短足ですね 笑)をしていて、
文内では「欧米と日本では数値が異なる」とも
明記していました。



P7271085.jpg
その上で千葉大学の小原二郎教授(当時。現名誉教授)の
研究室作成による作業性の異なる椅子のプロトタイプの
掲載がなされています。

P7271087.jpgP7271088.jpg
まぁ適用されいているデータのもとが30年前の日本人
の標準体型はらしいので、若い世代や僕に比べると
全体的に小柄な数値なのですけども、ウマいこと比率を
計算したり用途を考慮したうえで流用すれば十分
使える資料だと感じます。

P7271095.jpg
あとは製図の方法だとか(手描きですが)、

P7271094.jpg
模型の製作だとか、椅子の製作にかかわる
一連について勉強できます。


さらに本の後段には
P7271091.jpg
P7271092.jpg
P7271093.jpg
名作モノ、巨匠モノだったり、筆者の生徒さんの
作品のたくさんの資料(図面)があります。


価格は結構アレだったのですが、今後の勉強に
かなり有効になりそうだったので思い切って
即買いしました。

久しぶりに買って良かった、と思える本を
見つけたと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/786-86b16503