上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイニングベンチをつくっています。
淡々と加工していきます(笑)

DSCF0338.jpg
幕板と背もたれの材を切り忘れていたので、
テーブルソーを出してズバッと切ります。

あとは型板あてて「ならい加工」。と言いたいところですけど、
DSCF0339.jpg
脚の部分の材の型板に曲線部分がありました。
セットしたルーターテーブルで描いたラインに
合わせて削って型板を仕上げます。

DSCF0340.jpg
型板に「綺麗にはがせる両面テープ」を
貼って部材に仮留めし、

DSCF0341.jpg
ならい加工ジグにセットして、

DSCF0342.jpg
フラッシュトリムビットで削っていきます。

・・・を、部材数だけ繰り返します。


カンタンに書いていますが、ビットの回転方向と部材の木目を
考えながらやっていかないと端の部分が欠けてしまったりと、
ならい加工するのにもこーみえて結構コツがあるようです。

あとワリと単純な作業なのですがソコは電動工具+刃物。
露出した刃が高速で回転しているという危険極まりない
状況においても、こういった単純作業をしているとどうしても
注意力が散漫になりがちです。

趣味の木工で指を飛ばしたくないので、はやる気持ちを
抑えつつ、定期的かつ強制的に自分を休憩させて集中力を
維持させます。



DSCF0343.jpg
てのを繰り返して加工完了。

DSCF0344.jpg
ここで幕板が長すぎたので墨つけて切ります。


DSCF0346.jpg
次は接合加工ですから、この日は加工しませんが
翌日スピーディにとっかかれるように墨をつけて
段取ることにします。

DSCF0347.jpgDSCF0348.jpg
位置を合わせて、0.3mmのシャーペンで墨をつけます。


やってみりゃわかりますけど、実際の加工時間より
墨付けとかの段取りの方が時間かかるのです♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/784-45468818
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。