兄チビのデスクをつくっています

あとは天板を固定して、引出しを仕込んだら完成なのですけども
引出しの取っ手が決まらなくて放ったらかし中。
木にしようか金物買おうかレザーでつくろうか悩んでいます。

そんな中実家の父母(チビーズのじいちゃんばあちゃん)に
兄チビの入学祝に勉強椅子を買ってもらった。

P3088861.jpg
ベルメゾンから通販で買った
アルダーの高さを調整できる椅子です。

P3088862.jpg
キャスターはついていません。

P3068836.jpg
勉強机はまだ完成していないので、
ダイニングテーブルで様子をみます。

・・・兄チビの入学祝なのになぜか弟チビも
新しい椅子でニッコニコでポーズをとる。

事情はまぁシンプルで、兄チビに何かを与えると
いつも間違いなく弟チビも「ぼくのは~??!!」
大騒ぎになって収拾がつかなくなることから、
「先に買っちゃえ」と父母が買ってくれたのです(笑)


P3068837.jpg
ちゃんと座ると肘もつくし、
サイズ的にはピッタリな感じ。

P3068843.jpg
でも弟チビにはまだ若干低いのか正座していた(笑)


勉強椅子に関してはつくる気が起きませんでした。
というのは座面の高さを変えるギミックを仕込むと
どうしてもデザインが気に入らなくなるのと、
この椅子は2脚で26000円。1脚13000円でこの機能の
椅子を1脚2脚つくるんじゃあ、試作もしないとダメだし
素人がコスト度外視でつくるにしても
あまりにも割に合わないのです。

確かに細部の仕上げやらよくよく見るとアレですけど、
この価格でこの材料でこの品物だったらモノを考えれば
まぁアリかなと思っています。つかってて壊れたら、
リフォームのときにまた仕上げてやれれば、今よりも
クオリティを上げてやれるかなとも感じます。
そういった「素材」として見ると無垢集成材(横接ぎ)で
あるので、追加工を受け入れる懐は深そうです。



・・・しかしこの商品。


コチラをご覧いただくとわかりますが、
まぁ多くは語りませんけど、どう見てもパクりですね。



過去にパクられた経験上、正直「なんだかな~」とも
思いますけど、どー考えても品質的には
ゼッタイ飛騨木工さんのモノの方がイイです。
自分で言うのもナンですが、ワタシのような木工の
加工技術がナイ方は追加工できないでしょうしね。
予算に余裕があるのならば、個人的には飛騨木工さんの
モノをお勧めします(笑)



ワタシの好きな陶芸作家の橋本忍さんが
以前にブログでこんなことを書いていました。

もちろんワタシは素人で次元は違うけども、
デザインを考えることが多い性分としては
かなり強く共感するところがあります。


深く考えさせられた買い物でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/733-337ff7b9