デスクと同時進行でつくっているテーブル。
こちらもフェスツールのドミノで加工します。

PB167982.jpgPB167984.jpg
テーブルの脚と幕板は45°での接合のため、dominoに
アタッチメントを付けて設定します。

PB167981.jpg
設定できたら幕板側をガンガン彫って出来上がり。
・・・と簡単には書いてますが、その「設定を決める」のが
結構メンドウ。つまり、、、

「双方の部材間の位置関係」を考えてから
「加工する機械を設定するための基準面」を決めて、
「その基準面から切削位置までの距離」を計算して
「その計算値に合わせて機械を設定する」

のです。







計算途中でこんがらがってきて大声で叫びたくなります(笑)







まぁ「道具」は「慣れ」ですからね。


PB167986.jpg
で、脚材も加工。こちらは90°の切削ですが、
今度は幕板側との位置の絡みの計算がムズカシイ。


このデザインを選択した自分にイラッときます(笑)


PB167988.jpg
幕板と脚の加工が終わったら、真ん中の桟の位置と
長さの確認のために一度仮組みして、

PB167993.jpg
桟の位置を正確に取ってから長さを墨をつけて、

PB167995.jpg
テーブルソー+マイターゲージで
直角にズバッと切ります。

マイターゲージも前回マスキングテープで
設定してあった
ので、ガタツキも無く奇麗に直角が出ました。

ほんとは早くクロスカットスレッドつくるべき
なのですが、なんせオクサマのオーダーを優先しないと
後々イロイロと問題が。。。(笑)

あとは仮組みしたのをいったんバラして、
PB167998.jpg
幕板のド真ん中に桟がくるよう墨をつけて
ドミノで加工して、テーブルの脚材の加工も終了。

ここまでで、まる1日。

ワンオフの作成は最初から最後まで
作業工程や各加工の方法、機械の設定方法などなどを
頭の中でずーっと考えながら工作することになるので、
体力的にも頭脳的にもどっ と疲れる。

また、実際切削加工してる時間なんてたぶんものの20分くらい。
あとは機材の準備と位置決めの墨付けと機械の設定と
後片付けと掃除。

ああ、据え置きできる工房が欲しい。。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/686-435356e0