上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイニングセットをつくるダンドリ中です。
椅子の試作品用の材の加工をします。


今回は「ならい加工」をしてみようと思い、
それ用の治具をつくることにしました。


PA097528.jpg
コンパネとトグルクランプ固定用の
マツの集成材を用意して、

PA097529.jpg
トグルクランプを木ネジで固定して出来上がり。
15分くらいでできました(笑)

ちなみにトグルクランプはベッセイのSTC-HH70
リンク先にも書いてますが、圧倒的な汎用性に期待しています。
(何個も治具つくるのがメンドクサイので。
 数増えたらそのぶん費用もかかるし。。。^-^;)




ならい加工は量産の加工法です。

PA097530.jpg
前回ざっと切り出した材型板を合わせて
ならい治具に固定して、

PA097533.jpg
ルーターにフラッシュトリムビットを
セットして型板に沿って削ります。

型板が1枚あれば量産できるってコトです。

PA097532.jpg
初の加工ですが、結構な精度でした。
コレはラクでイイですねぇ。


PA097534.jpg
センターのトグルクランプの固定位置を
変えることで、短い材も対応できます。


型板なら簡単につくれるし、型板さえ
出来あがっちゃえばバンドソー使って材を切り出せば
実際の加工もかなり簡単。しかも量産も苦にならない。

コレは選択肢としてはかなりアリですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/660-b1987ee5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。