上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラケットライト。

友人の新居への引っ越しには結局間に合わず手遅れ感が
満ち溢れてますけど、いちおう完成まで頑張ります(笑)

P9117241.jpg
ワックス塗装の前のペーパーがけです。

P9117244.jpg
最後のペーパーは手でかけます。

P9117245.jpg
手の入りにくいところも、細い当て木に
サンドペーパーを張り付けて、しっかりかけていきます。

P9117246.jpg
面取りはカドがダレないように、
均一になるように気を付けて削っていき、
P9117242.jpg
画像では分かりにくいですけど、出隅・入隅も
均一になるようにペーパーかけます。


この辺の仕上げは師匠にみっちり叩き込まれたおかげで
早くかつ綺麗になってきている。スキルが上がってるのを
自覚できると嬉しいものです b(^-^)


こういう細部の仕上げで、品質って左右されるんだなと思います。
実際いろんなメーカーや作家さんの作品を見てきましたけど、
「こんな仕上げで終わりなの?」と思うのが意外と少なくない。
だいぶワタシの見る目も育ってきてるんだと思います♪

でも「木を見て森を見ず」にはならないよう気をつけます。



P9117247.jpg
ペーパーかけも終わって、塗装前に軽く組んでみる。



ふむ。イイ感じ♪



さてワックス塗装はホコリが付いたらイヤなので
P9117248.jpg
室内に移動して塗りにくいところからオスモの
ワックス(フロアクリヤー 3032)を塗っていき、
全部塗って30分くらい放置してからウェスで
拭きとっていきます。

ガラッと色が変わり、まいど嬉しい瞬間です。(笑)


P9117250.jpg
100円ショップで買ってきた猫よけ(?)に載せて
乾燥させます。これは陶芸家の橋本忍さんの
ところで見たのをパクりました(笑)


P9117254.jpg
扇風機をあててさらに乾燥を促す。
焦る気持ちを抑えつつ、数日このまま乾燥させます。



実際に自分でつくっててつくづく思いますが、
作品が小物であっても大物と同様の手間かかるし、
でもそれを露骨に価格に反映させるワケにいかないの
でしょうから、多めのロットでつくって仕事単価の
帳尻合わせないと完全にワリに合わないんでしょうね~



逆に言えば買う側は小物ほどお買い得なんだと思います (^-^;
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/640-4476bc2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。