上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
工務店さんに家を建ててもらったのですが、イロイロあって
縁側まで予算が回りませんでした。まぁ別に自分で作っても
いいかなと思っていたので問題ではなかったのですが。

ちなみに作る前の軒先は非常にカンサンとしているというか
なんだか殺風景というか。。。サミシイ。。。


というわけで家ができて、ガレージができて、
ガレージ施工とベッド作成でボロボロになった身体から
ある程度疲労が抜けて、枯れ果てた制作意欲が復活してきたところを
見計らって(よーするに2ヶ月フラフラ遊んでた)、ようやく
縁台の製作にとりかかりました。


まぁフラフラ遊んでいたといっても、おぼろげながらイメージ固めと
設計は始めていました。またも「せっかく自分で作るのだから」と
デザインに凝ります。

だいたいのイメージとしては

 1 濡れ縁
 2 「縁側」ではなく「縁台」

です。

1 濡れ縁
  ↑これはよーするに座面を「板」を貼るのではなく、
   「棒」でスノコ状にするイメージです。
2 「縁台」
   ↑これは地面に固定するのではなく「置いてある」だけですので
   何かあったら移動することが可能です。

以上のイメージで作った結果がこちら
endai_01

endai_02

endai_03


↑大きさの見本のためにカミさんに座ってもらいました

まぁいつもどおり考えるのと実際に作るのとでは大違いで、
それなりに苦労しましたけどそれはまた後日。。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/6-0dfaafe3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。