ソファをなおす。
前回のつづきで組み立てて圧着します。
ハッキリ言ってこの工程だけでフツウになおるのですが。。。(笑)


この前ワタシの仕事のときにオクサマ達が
小樽に帰省したので、ポニークランプを持ってきてもらいました。
P6216018.jpg
今回新たに黒ガス管とクランプのパッドも購入。

P6216019.jpg
いつも圧着時には当て木作業に手間取るので、
パッドをつけてみました。

P6216021.jpg
接着剤をつけるまえに、クランプのアタリを見ます。
今回事前にこの作業をして正解。

P6216022.jpg
部材が丸いので、場所によってはクランプがズレました。
その解決策としてデカい当て木で対応することにした。

あと無計画にクランプを当てると各クランプが
干渉することがわかったことから、うまいことブツからない
位置と方向を調べておきます。

段取りも終了し、ついに圧着します。

P6216023.jpg
まずはバラして、接着剤と拭き取りの用意。

P6216024.jpg
胴付きとダボに接着剤を塗り、
ハンマー+当て木で叩き込んで

P6216025.jpg
クランプで締め込む。
余分な接着剤がはみ出てきます。

P6216028.jpg
ココがビックリ。木の導管を伝って、幕板の
なかばからニューッっと出てきた(笑)
部材が割れなくてよかったです。。。

P6216030.jpg
全クランプを締め込み、はみ出た接着剤を拭き取って終了。


ところで、こんかい使用した接着剤について。
P6216033.jpg
いちおうタイトボンド3は用意していたのですけど、

P6216034.jpg
レザーがこんな状況である以上、そう遠くない未来に
新しいオーナーが張り替えるかもしれません。

そのときにタイトボンド3だと耐水性も強いことから
分解時に負担がかかって、かえって部材を損傷させて
しまいかねないかなと思いまして、、、てなかんじの検討の結果、
プロなら簡単に剥離できるであろう酢酸ビニル系の
フツウの木工ボンド(いわゆる白ボンド)を使用することにしました。

素人なのでわきまえないとね(笑)

このへんは謙虚にいきたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/595-7cb5c713