弟チビが水ぼうそうの後、今度はカゼで
保育所を休んでいるため
(アデノウイルスが流行っているようなのでそれかも)
子守りをしながらできることを考えてた結果
昨年1月に「Hock」というカンディハウスの前身の会社の
製品であるソファ修理の検討をし
て、ほぼ1年半の間
ほったらかしていたことを思い出した。

てことでとっかかります(笑)
まずは構造を調べるためバラしてみる。

P5165649.jpg
2脚のウチの、グラつきが大きいけど
座面は破けてない方を選びました。

P5165657.jpg
ビスを全部はずして、

P5175661.jpg
とりあえず座面だけが分解できた。

問題個所を再確認します。
ダボでの接合部分の緩み・ガタつきはもちろんですが、
P5175665.jpg
このアームレストの

P5175664.jpg
フィンガージョイント部分のワレが
一番グラグラしています。
もう1脚の方も同じ個所が割れているのでデザイン上
加重ストレスがかかる箇所なのでしょうね。


だいたい問題個所の検討が済みました。
ボンドの打ち直し+クランプで圧着でイケそうです。
ただ塗装の剥がれだとかも気になるので、そっちも
やりたいと考えています。





・・・しかしバラしてみて気になったことが、、、






P5175663.jpg
座面クッションの周囲ですが、この雑な塗装。。。

「素人が塗りなおしたんだろうな~
 キッタナイな~」
とバラしながらオクサマに笑っていたら、

「そんな見えないところ綺麗に塗るわけないっしょ」と
バッサリ。


・・・


「あのカンディハウスだよ?
 いくらなんでもそりゃないでしょ。」


と反論してみるも、

「そんなデカい会社が
 コストに見合わない無駄に丁寧な
 仕事するわけないでしょ」

さらにオクサマはたたみかける

「だいいちアンタみたいに酒飲みながら
 『高価なカンディハウスのソファ』をバラして、
 さらにバラさないと見えない部分の塗装を見て
 文句言う素人が世の中に何人いると思ってんの。」





・・・イチイチそのとおり(笑)
辛口だけどロジックに攻め入るスキがナイ(^-^;

でも確かにそー考えると、一流ブランドの作品よりも
個人でやってる信頼できる職人の作品の方が
全体的に品質が高いのには納得ができます。
(※注 個人の方がイイとは断言しません。
     ダメダメな個人作家も大勢います 笑)


こと木工製品に関して、それこそいろんな
会社・作家の製品を見てきて判ったことは

「安くてイイもの」なんてないのは間違いないですが、
「高けりゃイイものだ」というのは間違いです。



それなりに「見る目」が備わってきたということでしょうか(笑)
イヤ、天狗にならないように気をつけないと。

値段で品物を判断するのではなく、
品物で値段を判断できるようになれると、
作家さんめぐりというのはとても楽しくなります。

いちばんラクなのは、
「そのジャンルについて見る目を持っている信頼できる友人」を
見つけることでしょうかね~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/578-ee376452