2012.01.20 EARTHMAN DGR 110SC
ハンガーラックをつくっていて、鉄の加工をしていました。
基本的な加工内容は木工と同じかなと思います。ようするに
「くっつけて削る」の繰り返しです。

そしたら我が家のグラインダーが壊れました。

症状から察するにおそらくブラシの摩耗なのですけど、
まぁ1980円で5年持てば十分です。

でも無いと困るので買ってきた。

PC223704.jpg
EARTHMAN DGR-110SCです。
定価は5000円位のようですが、昨年末
近所のホーマックで3500円だったので購入。
ホントはもっと安いの探してたんだけど(笑)

(※ 後日調べてわかりましたが、3500円前後というのは
   通販でも結構底値に近いみたいです。ラッキーでした)

でも買ってみてその品質に本当に驚かされた。

PC223706.jpg
まず本体のラバーグリップ。滑らず非常に持ちやすい。

PC223712.jpg
そして付属オプションの豊富さ。

PC223715.jpg
グリップは他のメーカーのもありますけど、この
表面がグリーンの部分は滑り止め加工されており
軽く握っても保持能力がスゴイ。

PC223709.jpg
細かいところではグリップのネジ穴のキャップ。
他社製はあまり知りませんが、わりとむき出しのイメージ。
(違ったらスイマセン)

PC223714.jpg
さらに交換用ブラシ。コレがあれば5年で壊れた経験上、
10年はいけるという計算になります(アホか)




まだあります。




PC223717.jpg
ペーパー用のソフトアダプター。
他社製ではコレだけで別売りで○○○○円だったりします。

PC223716.jpg
で、ペーパーも。写真は40番と80番各1枚ですが、
実際は各5枚づつ入っています。


PC223708_20111227010756.jpg
そして目玉はコレ。スピードコントローラー。
他社製ではボッシュとか日立製ではありますけれども、
この価格帯でスピードコントローラーをつけてくるとは。。。


ワタシは製造業に関しては素人なのでアレですが、
正直この価格帯でコレだけのモノつくられちゃうと
国産メーカーは太刀打ちできないでしょうね。
そういった意味では今、日本の製造業は本当に危機としか言いようがない。


ですがイチ消費者の視点では圧倒的に超お買い得な製品だと思います。
予備にもう1個買っておこうかというくらいです。


EARTH MANブランドは侮れません。

ジグソーに続いて2個目です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/520-df517c89