上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在「とあるリフォーム」を考えています。
内容についてはまたそのうちに。

それに使用するルーターの平面加工治具を
作成することにしました。参考にしたのはコチラ


ですがソコはセコいワタクシ。

いつもの知り合いの工務店の廃材置き場を物色し、
シナランバーの厚い材とタモの集成材の棒状のモノを発見。
これでアレンジして作ります。


PA203171.jpg
・・・制作前の材料を撮るのを忘れましたが、
部材を組み上げてこんな感じにします。
小樽の実家で製作時間は20分くらい。

さて天板面に取り付けているタモの集成材は、あえて高さの
ある部材を使いました。理由は天板のたわみ防止のため。
結構ぶ厚いランバーなので無くても大丈夫かと思いますけど、
さらに強度を持たせるために念のためってヤツです。

あと気をつけたのは各部材の平行の精度。
コレが悪いと意味が無くなりますので(笑)


さて、天板に穴をあけます。

PA213198.jpg
長手方向にも加工のためのフェンスになる材をあてて
クランプで固定。

PA213199.jpg
で、スパイラルビットをセットしてフェンスにそって
数回に分けて深さを出して掘っていく。

PA213200.jpg
貫通させてバリを軽くペーパーで削って出来上がり。
あとはルーターにテンプレートガイドを装着して
材を固定してゴリゴリ削ればできるでしょうか。

何回か試験で使ってみて改善なりしていきます。
なんせ材料費ゼロでつくった試作品ですからねぇ(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/490-121d8dd9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。