最初に言いますが今回のはかなりの
やっつけ木工です。

もう木工というのもおこがましいくらい。


って良いから始めろっての。




ウチの加湿器。シャープのHV-800-Wです。
デザインが気に入っていますが、コチラノ記事にもあるのですけど
掃除のときとかに少し傾いたりするとポタポタ下に水が漏れるようで
使ってる期間は寝室のフローリングがカビは生えないまでも
湿ってナンかイヤでした。



という訳で今回はタイトルのとおり
加湿器のキャスターをつくります。

まずは部材を用意。
PA112987.jpg
ずうっと前に知り合いの建築業者さんの産廃カゴから
貰ってきておいたカラマツ3層パネルの端材です。

PA112988.jpg
さらに他の端材も使ってコンパスの要領で円を描く。

PA112989.jpg
その線にそって前買ったジグソーでざっと切る。
このジグソー、今回初めて使いました(笑)

PA112991.jpg
コンパス用の端材を戻してルーターを固定し、
スパイラルビットをセットしてグルっと一周なぞる。

PA112992.jpg
すると当然キレイな円の材が出来る。
テクニックなんてものは必要ありません。

PA112993.jpg
次は面取りビットをトリマにセットしてまた外周をなぞる。
・・・を、両面2回やって完了。

PA112994.jpg
するとこうなる。角が取れて手触り良くなった。

PA112995.jpg
表面は合板だからすでに結構キレイなので、
イキナリ#240のペーパーかけ。
やわらかい木だからアッと言う間にペーパーもかかる。

PA112998.jpg
加湿器の水漏れに耐えられるようウレタン塗装。
艶消しクリヤーです。


さて、乾いたら
PA113000.jpg
洗濯物入れをつくったときに買っておいたキャスターを用意。


PA133020.jpg
位置を慎重に決めて下穴開けてビスで固定。

PA133021.jpg
できた。

PA133025.jpg
実際に置いてみるとこんな感じ。
シルエットがスッキリして我ながら満足です。

つくるのにかかった時間は塗装の
乾燥時間を除けばものの40分くらい。

だからこんなにハショッた感じの記事になりました(^-^;








しかし今は10月半ば。まだ加湿器を出すには早い。







PA133041.jpg
するとチビーズのおもちゃになるのは当然。

ケンカとケガさえしなきゃぁイイのですが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/488-1fdb5bcf