ワタシのクルマ

毎年この時期にはオクサマからその
自動車税の高額さ
(年式古いクルマは税金高いのです)
にチクチクやられ、買い替えを考えます。

が、しかし。

北海道の長い冬を耐えしのぎ、やっとオープンで
走れるかなぁと感じるこの時期に買い替えとは
なんとも悲しい。
(まぁ逆に売るならこの時期とも言うのですが(笑))

ということでクルマの買い替えも視野に入れていたので
瀕死のバッテリーでもダマシダマシ乗っていたのですけど
「エンジンかからないから仕事に行けない」とは言えない
ですから、やっと買いました。

買ったのは G&Yuバッテリー という聞きなれないところのヤツ。
理由は簡単。純正より安くて容量が大きいから。
カーオーディオのアンプとか入れましたからねぇ。

あと通常はボンネット内に設置するバッテリーですが、ロドスタって
前後重量配分の関係からトランクに設置しています。そのことから
バッテリーが特殊なのです。

実は通常バッテリーからは水素が出るのですけど、それがトランクに
滞留したらそりゃ燃える(爆発?)恐れがあります。ボンネットに
設置する普通のクルマでは外気とツーツーでそういう危険性はないですが、
ロドスタは外気に水素を放出するパイプを接続する仕様になっています。

だからフツーのシールドバッテリーはつけられないのでどうしても
高価なバッテリーになってしまう。

で、探した結果
P3211199.jpg
このバッテリーにしました。

さっそく取り付けます
P3211200.jpg
こちらが今まで使っていたヤツ。

で、チャッと交換して

P3211201.jpg
こんなかんじ。
もちろん水素の排出ホースをしっかり接続。

装着後は無論のことイッパツ始動。
いやぁ~ 気兼ねなくエンジン始動できるって
こんなに素晴らしいことだったのかと浸っています(アホ ^-^;)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/410-6e725e1c