上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.12 冬の夜長
キッチンの棚板を作ろうと思っていましたが、このごろ
なんだか疲労が抜けずにイマイチやる気がおきません。

赤ちゃんが産まれてから小樽と家を行ったりきたりしていて
なんだか落ち着かないというのもあります。
それに人間が一人増えると、世の中いろいろ手続きが多かったり。

なんて言い訳してますけど、よーするにカミさんが実家に
あとひと月くらい居るのですけど、そのせいで一人で暮らしてると
生活がだらしなくなっていけませんね。
今日あたり起きたら昼くらいになってたりして。
オヤジになったんだし、こんなんじゃイカンなぁ。反省反省。



というわけで今日は朝(←ウソ 昼です)起きて家中掃除機かけて、
昨日届いたPCのセットアップだなんだで午後までかかり、それから
SUDOホームさんのオープンハウスを「ぶらり」と立ち寄り
スーパーで弁当と明日の朝用のパン他を買ってから
「弄月館」という温泉に入って帰ってきました。


家の中にいるとわからないけど、ちょいと思いたってさっき外を
眺めたら雪が降っていました。ガレージの屋根の上にうっすらと
積もってた。

PB120470.jpg


昼間も雪降ってましたね。いよいよ冬です。
生粋の北海道人(個人的に道産子って響きがなんかヤダ)としては
ムラムラきます。おっしゃー!じゃんじゃん降れー!

PB120474.jpg











私は北海道の冬の、特に夜が大好きです。
今住んでいるところはそうでもありませんが、実家の小樽は
雪が多く、その中をおだやかな夜に散歩すると本当に静かで、
街灯の灯りで照らされる何気ない景色もなんともいえない
綺麗さがあると思います。

もちろん寒いですよ。でも高校生くらいのときは、たまに
目的も無しに「しーん」とした雪道の中を母校の小学校まで
歩いたり以前住んでいた家のそばのあたりをブラブラとあるいたり
していました。今じゃ不審者と騒がれるかもしれませんね(笑)

北海道の夜の雪道を歩いたことがある方にはわかってもらえると
思いますが、くどいようですけど本当に静かです。
でも静かなんだけど、音があるというか。自分の歩く
「きゅっ きゅっ」という音が心地いい。








ウチのカミさんとは高校1年生からの付き合いですが、
お互いの実家がまったく逆方向で、カミさんは徒歩通学で私はバス通学。
でも週に1回はとりあえずカミさんを家まで送って、帰りは
周りの街灯で照らされた雪道を一人で帰るんだけど、その景色が
なんとなく記憶に残っていたりします。
もう10ウン年以上前のことなんですけどね。

今ではその女性と結婚し、しかも子供まで産まれて。
本当に不思議な感じです。







話がそれましたが、北海道の冬というと「厳しい」という
イメージが強いのが、個人的にはすごくザンネンです。
いいところいっぱいあるのになー


でも今は暖かい家の中で弁当を食べ終わってワイン飲みながら
この記事を書いてます(笑)チーズがあればサイコーですが、あまり
ゼイタクは言ってられませんね。



でもホントは今日ウチの床のワックスかけようと思ってたのになぁ。


まぁいいや。
こんな日も必要であります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/40-d6217cab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。