オフコーポレイションで木工関係のモノを買うのですけど、
先日サイトの動画を見ていて目を奪われたことがありました。

こちらのページマキタのRP2301FCをルーターテーブルに
設置しているのですが、ドライバドリルで
ルーターテーブルの上からビットの高さを
調節しているではないですか。

ルーターテーブルにプランジ機能のついた
ルーターを取り付けてつかってると、
ミリ以下はもちろんのことミリ単位くらいの
ビットの高さの微調節もかなりムズカシイ。

ですのでそのRP2301FCの昇降システムが気になって
場合によっては買い換えようかと考えていたのですけど、
メーカーのホームページを見ても取扱説明書のデータを見ても
カタログを見てもどうにもその機構がよくわからない。


なので実物を見たいなぁと思っていたら、伊達市内のハヤセさんで
マキタのフェアをやるという情報を見つけたので行ってきました。

P2030893.jpg
RP2301FCです。新しい道具は欲しくなりますねぇ♪


で、メーカーの方とあーでもないこーでもないと
いろいろ調べたけど、やっぱりよくわからない。


う~ん・・・とあきらめかけたその時、やっとわかった。
P2030894_20110208172321.jpg
わかるでしょうか?
矢印のところにメスネジが切ってあります。

P2030896_20110208172320.jpg
ひっくり返すとベースにもネジの受け穴がある。

P2030897.jpg
真上から見るとこーいうことです。
ココから長いネジをとおしてネジをまわすことで
上下をするみたいです。

わかっちゃえばなんてことない構造ですが、
コロンブスのたまごってこういう事を言うのでしょうね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/389-ba09f2c2