上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前やっつけで
ごみステーションをつくった
のですが。。。

部材が足りなくてバンドソーで挽いて
細い材にしてつくった結果、かなり弱くて
ごみステーションが必要な冬になる前に崩壊寸前。

困っていたところ庭の施工をしたときにもらった
防腐剤浸透材の廃材
が残ったのと、
PB190244.jpg
また新たにもらえた↑ので今回つくりなおすことにした。
廃材に残っている釘だけ抜いちゃいます。

今回さらにアルミのステップの廃材も
知り合いからもらったため、これを屋根に
使うことに決定。

というわけでチャチャッとつくります。

PB170210.jpg
まずはアルミの板。曲がってると使えないから、

PB170211.jpg
グラインダで切っていきます。
ブレードが鉄用だったので目詰まりして
ちょっと時間がかかりましたが、何とかカット。

PB170213.jpg
切断したアルミ板に現物合わせでフレームを組む。

PB170214.jpg
それに合わせてフレーム用の部材をドンドン切りだし、
各パーツを揃えていきます。
ま、つまり図面なんて引かないということですね。
現物合わせは早いし間違いないのです。

・・・さて今回は部材がゴツいせいか、
重い
材木に防腐剤が浸透しているのも原因かも。

ですから、組んじゃうと一人じゃ運べなくなるので
PB190245.jpg
部材で運んで現場で組み立てる。

で、扉部分を前に材料が尽きたけど
おおむねできた。
PB190246.jpgPB190248.jpg
旧作と比較するとゴツさが際立ちます。

PB190249.jpg
アルミ板はまだはめ込んでるだけなので、
また部材をもらってきてからしっかりと
ネジ止めします。

アルミ板切って廃材の釘抜いて部材切りだして組み立てて、
休憩込みでここまで3時間ちょっと。

何度も言いますが、材料さえ揃ってとっかかっちゃえば
こんなモンは現物合わせでピャッとつくった方が早いのです。

ただし直角だけはシビアに確認するのがポイント。


さて、扉はまた材料をもらってからですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/365-997a2bb0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。