上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウチのチビたち。
最近ケンカばっかりです。

男の子二人という絶好の環境からか、ヤンチャっぷりに
磨きがかかってきている今日この頃。

PB050135.jpg
まぁ必然的に障子はこうなります。

「直すだけ無駄か」としばらく放っておいたのですけど、
そうなると彼らは
「あ、やってもいいんだ」と認識したようで
被害が「障子戸2枚+掛け障子」へと拡大していったため
見るに見かねて今回はりなおすことにした。


何はともあれまずは紙を剥がす。

PB050137.jpgPB050138.jpg
市販の「剥がし液」を貼り付け部に塗っていくのですけど、
剥がし液の成分が「界面活性剤と水」だったことから、
台所洗剤を薄めたヤツでいけるかもしれませんね。

PB050139.jpg
しばらく置いてから剥がしていく。
簡単に剥がれます。

必要最低限だけはりかえるコトにしたので、
残すところは桟のところでデザインナイフで切る。

PB050142.jpg
するとこう↑なった。
今度貼る際には界面活性剤が残っていては貼れないので
濡らした布でしっかりふき取る。

PB070148.jpgPB090167.jpg
で、濡れたままでは貼れないことから、しっかり乾燥させるため
障子戸・掛け障子を戻して一日目の作業終了。

ここまでは考えてたより実際にやってみた方が
カンタンだったような印象です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/358-047fa645
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。