上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前小樽の実家に帰ったときのことになりますが、
ワタシの仕事の都合と所用で、妻とワタシのクルマ2台で
帰ることになった。しかも1泊は妻の実家と
ワタシの実家の別々。

それで少し時間が出来たことからワタシの実家から
かなり近くて、でも行ったことがなくて行ってみたかった
陶芸家のご夫妻である
馬渡新平さん咲予さんのお宅へ伺ってきた。

P9180298.jpg
・・・スゴイ古民家です。
ていうかマジで古い。


この訪問。実はアポなしのぶっつけ。

なんせ連絡先がメールアドレスしかわからない状況
だったので、でも実家からはなまら近いから何回かいけば
いつかいるだろくらいのユルい姿勢でいたところ、1回目は予想通り
お留守。翌日の2回目の訪問でお会いできました。


しかし。


新平さんが出てきてくれたのですけど、静かなお宅にアポなしで
突然会ったことのないゴツいヘンな男が
「作品見せていただけませんか?」と来て明らかに
相当驚いてる様子(そりゃそうだ 笑)

ていうかハッキリ言って怯えていたような。。。(-_-;


でもスグ「ちらかってますけど。。。」と案内してくれた。

P9190300.jpg
こちら、ギャラリーとして開放されているワケではなく
本当に製作と居住のみにご使用されてるお宅のようです。
申し訳ないことをしてしまいました。。。

P9190302.jpg
たまたま東京での個展に向けて製作中とのことで
「こんなに作品があるのはあまりないですね~」と
おっしゃられる絶妙のタイミングだったらしい。

新平さんがご対応してくださったのですけど、
「スイマセン、オクサマの作品はありますか?」と伺ったところ
奥から咲予さんが出てきてくださり、箱から出してくれました。
P9190303.jpg
焼締めの雰囲気のイイ湯のみがいっぱいです。
やっと見れた~って感じです。


イロイロお話を伺った後はジックリと品物を拝見して、
新平さんのご飯茶碗と咲予さんの湯飲みを購入。

P9220325.jpg
今回買ったのは手前の2個。
どちらもじんわ~り魅力が染み出てくる感じ♪
お二人の人柄がそのまんま作品になったような(^-^)


P9190310.jpg
関係ないけど帰り道の景色が良くてついパチリ。
そういや小・中学校のときは自転車でよく来たなぁ。

イイところですねぇ。

馬渡 新平さん
〒 048-2561
小樽市忍路1丁目402番地
℡ 0134-64-2088


※ 追記です(H24.6.10現在)
その後馬渡さんは秋田県に転居されたそうです。
馬渡さんのブログはコチラ
今後のご活躍をお祈りしています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/347-3b798a19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。