今回の記事。



絵的に物凄く地味です。


理由は、
タイトルのとおりだから。



つまり、土の配合と準備だけ。

ちっとも面白くナイのでチャッチャといきましょう(笑)
P6180316.jpg
まずは土の配合。ワタシの配合比は
ケト土:赤玉土:火山レキを3:1:1です。
これはこちらの本を参考にしています。

他にも作家さんによってイロイロ比率がありそうです。
たとえばこちらの本あたりでは
ケト土:赤玉のミジン:ミズゴケを3:1:1とか。

比率については前述が盆栽作家さんの本で後述が寄せ植え作家さんの本によりますが、
検討の結果盆栽上がりのワタシとしては今回は前述の方でやってみた訳です。

でもケト土がメインになっていれば、配合比については
それほどナーバスにならなくてもいいんじゃないかな、というのが
やってみた印象ですね。もちろん植物の特性によるのでしょうけれども。。。

P6180317.jpg
さて、用土を混ぜていくのですけど、まずは
ケト土の「ダマ」をしっかりとほぐしていきます。

P6180318.jpg
このくらいまでほぐし、しっかり混ぜます。

P6180319.jpg
ここからはスプレーで少しずつ水分を与えながら
ねっていきます。これは苔玉をつくるときに
ある程度の粘度が必要になることと、またこうすると感覚的に
苔の活着がよくなるようになじみやすくなりそうな気がします。

P6180320.jpg
耳たぶぐらいのやわらかさに練り、つやが出てきたら完成。
つくり終わった用土を保存のためボール状にします。

P6180321.jpg
できあがった用土はラップでくるみ、ジップロックに入れて
暗いところに保管します。必要分だけ出して使います。

ミズゴケを混ぜた用土を使ったことがないのですが、
この赤玉土と火山レキを混ぜた用土は、苔玉の成形段階で
まとまりが弱くなる、つまりボロっと崩れる場合が結構あります。
その都度スプレーで水分を補給したりしていきます。

ま、何事もまずはやってみることですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/316-635b02c7