ワタシの住んでいる北海道伊達市。

移住人気が高いようです。

まず北海道にしては雪が少なく
(小樽出身のワタシら夫婦に言わせると
 「少ない」のではなく「ない」)
かつ比較的温暖。

山があり海があり、近隣には洞爺湖がある。
温泉もあるし、隣町の室蘭には
比較的規模の大きい病院が3件。

室蘭は通年天気が悪い(雨・霧が多い)のにかかわらず、
伊達は比較的晴れが多い気がします。

あとソコソコの飲食店が多い。
室蘭の人が伊達に食事に来る、なんてのも
以前伊達市長がテレビ取材(だったかな?)に
語っていたのを見たことがある。

自治体として移住を支援していたり、
移住に向いた新しい分譲地を提供していたり。
こんなブログもあります。

ワタシも住んでみて、ていうか街が気に入って住んで
まったく後悔していません。正直人気が高いのはわかります。
イイ街ですよ。b(^-^)



・・・ですが今回ちょっと水をさします。(スイマセン)


というよりも、移住を考えて居られる方に
一つだけお伝えしておきます。











それは、ある程度の間隔で有珠山が噴火する。という事実です。






詳しくはwikiのコチラだとかをごらんいただくこととして。。。
2009年11月17日に伊達市の消防庁舎の3階で行われた、
「環境防災総合政策研究機構」という、その名称から
天下りのニオイがプンプン漂う組織の宇井忠義さんとおっしゃられる
とある教授センセイ(北大名誉教授らしい)のお話できいたことは
「間違いなくまた噴火する」らしい。

で、
「噴火当時は気の毒で話せなかったけど、もうそろそろ次の噴火に
 備える必要がある。フィジカルにもメンタルにも。」
なのだそうです。(若干間違ってたらゴメンナサイ)


過去のデータでは30数年間隔だったが、前回(2000年)は
20年ちょいで噴火した。つまり間隔が若干変化しうる。
よって最新のデータでいけば、カウントダウン的にはすでに
4分の1から半分近くまで来ている。ということ。


ワタシが言いたいのは、移住は大いに結構です。
イイ街ですし、オススメです。
しかし、こういった事実があることは知っておいた方がイイと思います。
あとで「聞いてないよ!」とならないためにもね。

ただ、実際前回の噴火では洞爺湖町は損害があったけど
伊達市の直接的な損害はワタシは知りません。無かったんでないかなぁ?
(エリアによって避難勧告とかはあったかもしれませんが。。。
 あくまで推測の範囲です。
 ご存知の方いらっしゃったらゼヒ教えていただきたいと思います)

ですが前述の講演において参加者からの
「伊達市で安全なところはドコですか」との質問に対して、そのセンセイ。
「いい質問ですね。それはココです」と講演会場の消防庁舎を示していました。

つまり昭和新山の例からもわかるように、今火山ではないところも
安全ではない。しかし次の噴火の際に行政が拠点となりうる建物を建てるべく、
過去の噴火のデータや地盤の調査などから有識者が検討した結果
選定された場所に、現在の伊達市の消防防災センターがあるそうです。

だから伊達市のインター通りから室蘭側は比較的安全そう。
逆に有珠山・洞爺湖方向に近づくほど危険度は上がるのでしょうね。


重ねて言いますが、場所を選んで住むのは自由です。
ただ場所によってはこういったことがありますよ、ということは
知っておくべきでしょうし、準備をするにこしたことはないでしょう。

移住を考えておられるかたに水をさしてしまったのであれば
本当に申し訳ないと思います。ですけど家を建てたりするのであれば
安い買い物ではないことから、この情報はきわめて重要だと感じています。

最後に、この記事がどちらかの企業活動・営利活動に損害を与えてしまう
ような場合には、削除等のご対応を検討しますのでコメントからでもご一報ください。


では。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/312-19e23ef1