だいぶ前に記事にしていたのですけど、
こんどはリビングに置く食器棚をつくることにしました。

・・・なんて言ってますが、製作を決定したのは昨年の秋のこと。
材料はアサダマニアのワタシですので、当然アサダ。

しかしワタシのデザインテーマは
「軽く、和モダン」なのです。
そこで部材について行きつけの木心庵で材料を下見したところ、
「予定よりも部材が厚い」材料ばかり。

あ、材料が悪いって言ってるんじゃ決してナイですよ。
「今回ワタシがつくりたいデザインには厚すぎる」ってだけです。

実際デザインのキーになる天板・中天板部分の材
木心庵で購入しましたので。
(実際には以前の記事と買い付けの順番が大きく前後しています)

よーするに売ってる材が良すぎて今回つくるデザインには
削る部分が多すぎてモッタイナイのです。


で、、、
イロイロ探したところ同じ趣味の職場の上司の紹介で
木の素材屋さん 道央ランバーという
お店を知った。

サイトを見て連絡を取ってみると、フローリング用の
アサダの薄材の在庫があったことからオクサマを説得して予算を取り付け、
オクサマ・義父・義母・チビ・赤ちゃんと一緒に温泉がてら
芦別まで行ってきました。

PB210110.jpg
カーナビでアッサリ到着。秋でしたけど
それなりに雪が降った日でした。

PB210112.jpg
職員さんにアサダ材置き場を教えてもらい、
状態のいい材料を選別します。
部材の状態から帯鋸でひいて屋外に桟積みだったようですね。

それなりの数があったことと道内ということで
配送料が格安(金額は忘れましたけど)だったことから
小樽の実家に送ってもらうよう手配して帰ってきました。

PC030011.jpg
で、小樽に着いた材。写真の分量はごくごく一部です。
様子をみる為に自動盤(カンナ)にかけてみました。

PC030012.jpg
う~ん、スバラシイ♪やっぱり大好きだなぁ~


ざっと図面は引いていたので、あとは材料に合わせて
細部図面を引きなおします。うまく出来上がるといいのですが。

目標は5月中に外箱を組み立ててしまうことです。
月末から来月にかけてバタバタしそうです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/294-bdffeec3