上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のこと。
職場の友人から家づくりの相談を受けた。

家づくりについてはちょっとコダワリのあるワタクシ。
ちょいと熱めに、でも「自分の好みがイチバン」と
友人にアドバイスを贈ったのですが、その流れで
ちょっとワタシの家を見たいという話になり、
断る理由も無いので来てもらった。

夫婦と赤ちゃんの一家で来てくれたんだけど、
そのとき玄関にあった苔皿を見た友人が「これイイなぁ~」と一言。
流れで「家できたら新築祝いにつくってやるよ」ということに。
友人一家は喜んで帰っていった。



なんだか最近、製作依頼が多いような気がする。
友人のテレビボードについてはこの間まで記事でやったとおりだし。

イヤ、最近でもないか。去年の夏くらいには職場の先輩(上司?)に
ミヤマキリシマの小品盆栽をつくってあげたりもしていた。(記事にはしていません)



以前に書いたこともあるような気がしますけど、こんなこと書くとおかしく
思われることが多いのですが、実際「つくること」はそんなに好きじゃない。

家具とか小物とかの図面引いたり、盆栽やガーデニングの
イメージデッサンを描いたりするのは大好きです。

じゃ、ナンで「つくること」が好きじゃないかというと、具体的には
「すでに飽きている」のと「思い通りにつくれない」
のが大きな理由だったりする。

「すでに飽きている」というのは、
イメージデッサン考えたり図面引いたりする時点で、その作品は
「ワタシのアタマの中で一度完成している」
のです。

考察段階で非常に悩み、図面段階で収まり等イロイロつきつめ、
スタートから確定まで1ヶ月以上は毎回かかる。
(家具・小物・盆栽全部。ただし例外もありますが)

その後製作にうつりますけど、つまり実際つくる段階ではワタシのなかでは
「同じモノを2回目につくっている」
状態なのです。
「すでに飽きている」というのは、考察に時間をかけすぎてその段階で
おなかいっぱいになっちゃっているってことです。


「思い通りにつくれない」というのはそのままのとおり
「技術がないことによるストレス」です。


実際につくる段階で飽きていて、かつ思い通りにつくれなくてガッカリする。

結局コレ↑のくりかえしです。


そのくせ出来上がったモノ見て飲む酒は美味かったりします。(^-^;


ただイロイロ失敗しながらスキルも上がってきています。
いつの日か設計のスピードをアップし、製作の技術も向上して
満足できるといいのですがねぇ。

そんな満足できる日を夢見て、今日もモンモンとしながらも
つくったものをみて喜ぶ依頼主の顔に救われております。(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/280-1d2f3a1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。