上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友人のテレビボードをつくる。第11段です。
箱型の脚・天板反り止め処理・棚ダボの加工を行います。

PC240006.jpg
まずは脚の部材。ツキ板の残りの部材の四方を各々
45度に切り、ボンドを塗ってベルトクランプで固定します。

PC260019.jpg
それをボックスの下面にビスで固定。
長手の部材なのでやはり反りが出ます。ですから
反りを修正しながら固定してやります。

PC270023.jpg
あとは床面保護などのために友人本人に
フェルトシートを貼る施工をしてもらいました。

PC180037.jpg
そのままのイキオイで、棚板受けのダボ加工を友人に
やってもらいます。下穴はワタシがあけて、ダボのメス側(?)を
友人が当て木をあててハンマーで打ち込んでいく。

PC180042.jpg
今回反り止めは吸い付きアリはやめて
(まだ加工に自身がないことから)
L字のスチール製のステーをビス止めして反り止めとした。
このサイド側を使って、下部ボックス部分と接合します。

師走にこんなことばっかりやって、妻に負担かかりまくりです。
年明けにはしばらく家庭サービスに徹することにします。(^-^;
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/266-d72d01e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。