上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
物置をつくる。第12段です。
とはいっても今回ワタシはほぼ見てるだけ。
屋根板金を業者さんに依頼しました。

防水関係は、建物の寿命を左右するポイントだと思っています。
つまり、

ココはケチるべきところではナイ

ということです。
実際プロに依頼し、今回施工を見学させてもらうことで
重ねて実感。結論として

頼んで正解だった
と思っています。

では施工状況をば。。。

と、その前に依頼した業者さんとのやり取りでイロイロありました。
ガレージをつくった時と同じ業者さんに依頼したのですけど、
ワタシが仕事で不在のときに下見に来てくれたらしいのですが

「家が近くて作業スペースがないから
 施工できないよ」

と電話で言われ、
「イヤ、屋根は置いてあるだけだから、持ち上げて
 ズラしてスペースをつくって板金してから戻す予定なんです」
と説明してもピンと来ない様子だった。

で、なんとかまず引き受けてもらい施工に来てくれたので
P7090739.jpg
P7090740.jpg
二人で前回同様屋根を持ち上げてズラし、
P7090741.jpg
タルキに載せて仮止めして
「ああ、こういうことね(笑)
 これならできるわ
 こんな方法、初めてだ(笑)」

とやっと納得してもらえた。素人ならではでしょうね(^-^;
素人なりに考えているのですよ(笑)

さて仮固定できたので、ココからは板金作業で
ワタシはタダの見学者です。
「なに、今度は板金屋もやるのかい」
と笑ってましたけど、スイマセン。
職人の仕事見てるの好きなんです(笑)

ついでにイロイロ質問して教えてもらった。

P7090742.jpg
まずはコダルキに「カラクサ」という部品を打ち付けていった。
てっきり下端をコダルキにくっつけるものだと思っていたけど
「そんなことしたらダメだよ」
と教えてもらった。水の流れる箇所に木材を持ってこないために、
意図的にスペースを確保するのだそうです。
この時点ですでにプロに頼んで良かったと実感(^-^;

P7090744.jpg
続いてアスファルトルーフィングをタッカーで貼り付け。

このへんの施工の印象は
「早い」
アタリマエながらためらいがナイ
見ていて気持ちイイ動きです。

次にカラクサの上面部分の四方に
防水両面テープを貼り付けていく。

P7090747.jpg
その後は左右対称に屋根板金が貼れるように、
中心から両端方向に計測し、端のハンパ部分を切って
その場で折ってつくり、まずはそれを施工。
後は順に施工していき、反対側の端の部分も実測して
それに合わせて切って折って施工していき終了。

途中の様子です。
P7090748.jpg
専門の器具で折っていくのですけど、
コーキングも重要のようです。

施工完了後、屋根を元の位置に戻して終了。
板金屋さんも手伝ってくれましたが、
こんなことまでやらされると思ってなかったでしょうね(笑)
でもそろそろ一人じゃ持ち上がらない重量になってきたので
非常に助かりました。

施工見学終了後の印象としては、所々に
防水に関するポイント・テクニックが散りばめられており、
本当に依頼してよかったと思っています。

今回、当初は「家との仕上がり感の統一のため」依頼することに
しましたけど、防水性等を考えると、価格対効果の面で絶対に
価値はあると思います。

タイヘン勉強になったイイ一日でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/220-1d4b34e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。