上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
物置をつくる。第7弾です。

棟上げをします。



P6240646.jpg
しました。(笑)

イヤ、実際職場の先輩にまた助っ人をお願いし、
二人でチャッチャとやると、この程度の棟上げなんて
正直あっという間だし。
そもそも二人でやってるのに途中を撮ってるヒマなんて
ナイんですよ(^-^;

先輩はお手伝いだけして帰っていきました。
いつも本当にお世話になっています。ありがたい。

しかし毎度のコトながら、平面だとそうでもないけど
立体になると

「デカイなぁ」

とシミジミしてしまいます。

さて、続いて屋根の寸法を決めてまたイッキに
屋根のフレームを組みました。(写真ナシ)

出来た屋根のフレームを今度は先輩もいないので一人で脚立をつかって
「うおおおぉぉぉーーっ!!」
とフルパワーで屋根フレームを持ち上げて載せた。
一坪弱ですけど、一人で持ち上げるのはかなり

重い
であります。


やっと形になってきた。
大満足。(ニヤリ)

しかし、なんだかアタマの中がモヤーっとして
「な~んか気になる」
と、このモヤモヤはナンだろうと思ってたら。。。


気がついた。



P6240649.jpg


家のアプローチと勾配が合っていない(涙)

それもそのはず。
家のアプローチの屋根を、完全に先入観念で
フラットルーフだと思っていたから、フレームも簡単に
まったいらでやっちゃった。
ハッキリ言って当たり前の結果です。

水勾配をつけるあたり、やっぱりプロです。(感心)



さて対処についてひとまず悩んだけど、そこはガレージの自作で


トラブルには慣れている
(やっちゃったモンはショウガナイ 笑)


問題はリカバリーをどうするかです。
ワタシのDIYなんてコンナモンなのです。(笑)

結果、家側のフレームの上に部材を足して
勾配をあわせることにした。測ったところ
30mm足せばだいたいオッケーだったので、
ツーバイでは若干厚すぎる。

P6240657.jpg
そこで知り合いの工務店に泣きつき、自動カンナを借りて削った。
作業的にはあっというま。
あとは足して固定するだけです。

さて、今度は家側の壁面についてです。
P6240648.jpg
正直言って、なまら(北海道弁「とても」の意味)狭いので
この面だけ仕上げてから固定することにしました。
なんせ作業が出来ないので。

というわけで
P6240651.jpg
フレームをはずして、

P6240652.jpg
構造合板を切って打ちつけ、

P6240653.jpg
透湿防水シートをタッカーで打っていく。

P6240654.jpg
このタッカー、ツーバイ材ならスコスコ打てるけど
合板だと5割くらいの確率で入っていかない。
イロイロ工夫してるけどどうもダメ。なんかコツでも
あるんだろうか。。。

P6240658.jpg
さてタッカーが終わったので接合部に防水テープを貼り、
サイディング前までで本日の分を終了。

P6240659.jpg
片付けてたてかけたけど、

P6240660.jpg
倒れたらヤだから端材で固定。

次は屋根と他の壁の防水シート貼りまで
イッキにやらないとなぁ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/214-f32a3e4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。