物置をつくる。第4段です。
タイトルのとおり床の下地(根太)のつづきです。

・・・前回の記事から間が開きました。
というのは、以前の記事にあったとおり、
先日ついに妻とチビが出産準備のため
小樽の実家に行っちゃいました。

その後ワタシの休みというと小樽に帰ったりしていたところ、
つまり物置の施工が滞っているのです。

まぁボチボチやっていって、都度更新していきましょう。(笑)

P5200405.jpg
さて前回の手法により、直角が決まったので
束石の周囲を埋め戻します。

P5200407.jpg
牧野さんから材木が届きました。毎度のことながら
「こんなに使うんだな~」と思うくらい
材料ってかかるものですね。

P5200408.jpg
濡らしたくないのでブルーシートかけます。

P5200406.jpg
さて、根太を打ちました。ですが今回はツーバイの補強金物で
さらに補強することにします。

P5260436.jpg
クランプで固定して

P5260434.jpg
ネジをインパクトドライバで打ち込んでオシマイ。
コレを各箇所に施工します。ノってきちゃえば早いモンです。

P5260438.jpg
さて、今回土台から床が若干はみ出る構造としたことから、
家のアプローチのコンクリートに木を打ちつけて、そこに
載せる方法をとることにしました。

P5260439.jpg
下穴をあけた防腐材(庭の柵の残りの材料)をクランプで固定し、

P5260440.jpg
インパクトドライバをコンクリートドリルのビットに交換して、

P5260441.jpg
コンクリートに穴をあけていきます。

P5260443.jpg
あとはコンクリートビスを打ち付けていって出来上がり。

P5260442.jpg
。。。と思ったら、ハジの方が材料の反りで浮いていた。

P5260444.jpg
というわけでクランプを「開く方向」にして、

P5260445.jpg
ダブルでクランプで押し付けたらそれなりに解消できたので、

P5260446.jpg
その状態でコンクリートビスを打ち込んで完了。

「ココまでしなくてもイイかな~」
とも思いましたけど、ナニゴトも頑丈なのがイチバンです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/207-3b8ca2a5