2009.02.07 別れ~退職
忙しさにかまけてまる1ヵ月半、ブログをほったらかしていた。

ネタはそれなりに集めてあるので、イッキに放出もできなくも
ないのですけど、なんせ時間の使い方が下手なモンで(笑)

年始から今日にかけて、イロイロなことが日々起きましたが、
なかでも今回は「人との別れ」について。

ハッキリ言って関連のナイみなさんには読む気がしないと
思いますけど、今回は心情吐露ってことで、自己満足記事です。


先に断っておきますが、ワタシの退職ではナイです(^-^;


とてもお世話になった2人の方が、その職を退いた報がたてつづきました。


まずは年明けに、「木心庵」のSさんの退職のアイサツの葉書が届いた。

出会いは家の新築が決まり、イメージに合ったテーブルを探していたが
なかなか「刺さる」ものが見当たらないでいたところ、
雑誌「Pen」で「ジョージ・ナカシマ」の作品と出会い自分に電撃が走った。
しかしソコは巨匠の作品。若造の手の届くハズも無く、思案の結果
自作しようということになったことがコトのはじまり。

で、ナカシマ作品と言えば「ブラックウォールナット」。
まぁ簡単に言えばアメリカのクルミの木です。
妻は「黒すぎる」と不満気でしたけど、シブシブ札幌の銘木店の
「河野銘木店」(木心庵)に行き、前述のSさんと出会う。

ソコでSさんに紹介された「アサダ」という木に出会い、コレまた
ビビッと来たワタシとイッキにアサダマニアと化した。(笑)
妻も気に入ったので万事オッケー。

これからSさんとの付き合いが始まりましたけど。。。

つまりワタシをアサダマニアへと引き込んだ張本人であり、
ズブの素人であるワタシに木材等についての知識を
イチから叩き込んでくれた師匠であり、
注文についても多少のムリを聞いてくれる優しい店員さんであり、
話好きでついつい長居してしまう魅力を持った、ワタシみたいな
若造が言うと失礼なのでしょうけど、会いに行きたくなる
古い友人のような方です。

このお方、ブログにたま~に出現していたオントシ70を
超える名物店員さんでしたが、その元気さとトークの
パワフルさなどからワタシ勝手に
「きっとこのまま死ぬまで働いてるんだろうなぁ」
なんて思い込んでいた。


また家の施工をお願いしたSUDOホームのSさん。

こちらはまだまだ若いのですが、事情があり当社を退職されると
先日チビと留守番してたときにアイサツにお見えになった。


こちらのSさんとの出会いは、もう何年も以上も前にSUDOホームの
畑のド真ん中の雰囲気のイイお宅のオープンハウスとき。

当時はその価格をSさんに伺い「ムリムリ(笑)」と妻と二人で
笑っていましたけど、今思えばあのときにもう決まっていたのかもしれない。

結局SUDOホームさんにお世話になることとなり、ウチらの
担当となられたのがSさんだった。

にじみ出る優しい人柄と、時折見せる自分の仕事へのプライド。
場数を踏んだ社会人の度胸と、でも施主を第一に考えるその姿勢。
コミュニケーションの不足からワタシがゴネたときに(スイマセン)
現場サイドとの間に入って調整してくれたプロの手腕。

かと思うと、たまに私たちにグチってくれたりする
人間的な部分も見せてくれる。(笑)



ま、よーするに2人とも、ワタシにとっては勝手に

「一度ゆっくり酒でも飲んでみたいなぁ」

と思っていた方々で。つまり仕事ウンヌンを除外して
イチ人間として付き合えればなぁと思っていました。(ホント勝手に)

これからも付き合いが続くと思いこんでいたところに
たてつづけに連絡を受け、なんだか心の中に穴が開いたような
気持ちになりました。やっとナンボか立ち直りましたけどね。



日々のルーティンをこなしていると、この日々が
永遠に続くような錯覚におちいりがちです。

でも時間は流れている。

チビもデカくなって、何かというと「ヤダ」という
イッパツ目の反抗期の真っ只中。
なるほど、そりゃ時間が経ってるわけだ(笑)


話を戻して、コレは別れなんだろうけど
「コレで気軽に飲みに誘えるかな」と企んでいる
今日この頃です。(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/192-e6cf52d4