先日やっとこさデジカメが届きました。
早速使ってみてるまいにちですが、なかなかイイ感じです。


というわけで今回はガレージドアについてちょっと触れてみます。

P9250044.jpg
↑ガレージドアを開けてみた写真です。
P9250041.jpg
中から見るとこうなっています。


こちらはいわゆる「跳ね上げドア」という類のものです。
作るためには以下の3つの物が必要となります。
 ① 跳ね上げ装置
 ② ドア本体
 ③ モーター(電動にしたいとき)

①についてはラヴィドプロヴァンスさんから購入しました。
http://www.laviede.com/kenzaitown.html
↑こちらの「跳ね上げ式装置のみ」で価格は送料込みで約9万円でした。
他にも調べましたが、この両サイドでアームで支える形の他にも
レールを取り付けたりするものだとか何種類かあるようです。
取り付けに関しては、ちょっと説明書にわかりづらい部分もありましたけど
作業自体は職場の先輩と二人で意外にすんなり成功。
装置としては個人的にまぁまぁオススメだと思います。
(他をあまり知らないのですが)

②のドア本体は作るときにちょっと配慮が必要です。
P9250040.jpg
私はこんな感じに作りました。
こう見ると何気に作っているようですけど
  1  軽く
  2  丈夫に
が必要条件です。跳ね上げ装置とモーターとの兼ね合いで
どうしても許容過重の問題があるのです。
まぁよほどデカいのを作らない限り私の作ったような感じでイイと思いますけど(笑)
もう一つ。実際にツーバイ材を面材に使った作例を見たことがあります。
これがちょっと重かったようで、ドアを跳ね上げた状態でドア自体が
「たわんで」いました。
それを見たおかげで私のドアは改良できましたが、ポイントは2つ。
 Ⅰ 真中のサンを2×8にした
 Ⅱ 面材を薄い板にした
以上のことでごらんのとおり全く「たわみ」はありません。
ちなみに内側の白いのは「透湿防水シート」です。

余談ですが、このドア本体の骨組み。私は図面を引いただけで
実際に作るのは実家の父親と私の職場の上司の2人に任せました。
頼んでおいてこう言ってはナンですが、この2人。わりとアバウトな
(わかりやすい日本語でイイカゲン 笑)人たちで、しかも縦横方向に
結構シビアな寸法だったので「大丈夫かな?」とも思いましたが
これまた意外にしっかり「直角」も出てるし、ガッチリしているし
「うれしい誤算」でした(笑)

本人たちも笑っています。


③のモーターは、日本ドアコーポレイションさんから購入。
P9250055.jpg

http://www.nidoco.co.jp/v4/s3000/web/comfort.html
↑これはかなりオススメです。
というのは、まずこのテのモーターはチェーンドライブが多いようですが
こちらのモーターはベルトドライブ。ポイントは

圧倒的に静かです。

あと私がこのモーターを選んだもうひとつのキメテが
「リモコンが小さい」ということ。
いろいろ探しましたけど、チェーンドライブのモノのリモコンは
「デカくてゴツい」ようです。あ、写真とるの忘れてた(笑)


さすがマイスターの国のものですね。


最後に跳ね上げドアのデメリットを。
P9250045.jpg
開けたときこれくらい前方にせり出します。

ちょっとアニメーションGIFで作ってみました。
0002.gif
こんな感じです。


イメージ伝わるでしょうかね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/19-b4a54c36