上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回庭の柵をつくるの続きです。

またズイブン間が開きましたけど、限られた週末の時間を
やりくりしてチマチマとやっているので仕方ありません。

今回は残りの縦桟を打ち付けます。
P8060652.jpg
毎度のコトながら、部材が多いと何がキツイって

塗装

です。はっきり言って無間地獄。
まぁ縁台のときに比べればかなり本数は少ないにしても。

しかし塗ってしまえばあとは早い。
P8060653.jpg
部材は長さを測って切っておけば、あとは打ち付ける場所に
スミを打って、クランプで固定してから垂直を毎度チェックしつつ
打ち付けていく。

しかしこの柵。素人施工で既存の樹木等を生かしたことから、
柱の間隔が各々ビミョ~に異なっています。
なので、その間隔ごとに計測し、計算してスミを打っていきます。

・・・案の定一度間違えましたが(笑)、そのへんは大事には至らず。

で、できました。
P8100665.jpg
チビがジョウロを持って歩いています(笑)

P8100666.jpg
P8100667.jpg
P8100668.jpg

完成のつもりでいたけど、先日SUDOホームさんの
オープンハウスに久しぶりに行ったとき(後日記事やります)
ウッドデッキの柵のてっぺんに、雨水よけのため
長尺の屋根材を加工したものを設置されていました。

実はワタシもいろんな材料を見て探していたところでしたので
「これだ!」
と思い、話を伺いました。

ウチの柵の場合は防腐剤に浸透塗料を使って、耐久性には
気をつけていましたけど、やっぱり雨ざらしよりはいいと思います。
オクサマの了承も取れたので、そのうち業者さんを紹介してもらって
やってもらう予定です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/180-7192f706
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。