ワタクシmixiもやっているのですけど、
ふいに古い友人たちに遭遇することがあります。

最近も小中学校の頃の同級生と連絡が取れ、お互いの
近況などをやり取りし、毎日の忙しい中ですが、
思わずとても懐かしく、ホッコリした気持ちになりました。

こういうのはイイものですね。


さて、標記のTwilight In Upper West
mixiで遭遇した古い友人とのエピソードと関係する、
今でもとても好きな曲の一つです。

なんてことはないエピソードですが、今でも鮮明に覚えています。
今回連絡が取れた人とは違いますが、その人とも10年以上ぶりに
mixiで出会えました。


で、そういう久しぶりの出会いもあって、なんだか
久しぶりにサックスが吹きたくなりました。

ワタシの楽器は
P3300266.jpg
Rampone & Cazzani(ランポーネ・カッツァーニ)の
セミカーブドソプラノサックスです。
ロフトのカラマツ合板の赤い光の中だと余計赤く見えるなぁ。

P3300280.jpg
なのでリビングに持って下りて軽く磨き、
パチパチデジカメで撮ってたら妻に笑われた。(笑)
う~ん。久しぶりに見てもウツクシイ♪

P3300285.jpg
彫刻も美しいイタリア製で、ヒジョーに特徴的な
甘ぁ~い音がする楽器です。
「イヤラシイ音」と言ってもいいくらいかも(でも好き 笑)

P3300288.jpg
ジツは最近物欲の嵐で、オークションで売ろうかと思って
いたんだけど、実物の美しさで手放すのが惜しくなってしまいました。

かと言って吹く機会も無いし、楽器が可哀想ですね。

さて、どうしたものやら。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/162-8798fd78