上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワタシら夫婦が家を建てる前。
ウチの土地にはいっぱい木がはえていました。
前の地主さんが、老後に住むために買った土地で、
そのためにたくさんの木を植えていたからです。

目の前が公園で、しかも南西の角地。
公園の外周には桜がたくさん植わっているし、100mも
あるけば川もある。自然も多い。

そんなこの土地がイッパツで刺さったというのもありますが、
もう一つとても魅力的だったのが、その前の地主さんが植えた
という木々。

ていうかはっきり言ってジャングルだったのですけどね。

で、なるたけその木々を生かすように家を建てたのですけど、
やっぱり結構切らないといけなくて。

そんな中に結構立派な桜(たぶん)がありました。
どうしてもガレージの位置の関係で切らないとムリで、
泣く泣く職場の同期と先輩に手伝ってもらって切りました。

その丸太の良さそうなところをとっておきました。
PC168887.jpg
↑これです。
デカくて重くてタイヘンです。確実に70キロ以上は
あります。下手すれば100キロくらいいくかも。

まる2年ほっといて乾かしてましたが、今回大掃除もかねて
親父のチェーンソー借りてきて板を切り出してみることにしました。

PC168888.jpg
↑仕事でチェーンソー使ったりはよくあったので、比較的
思いどおりガリガリ切っていきます。

PC168889.jpg
とりあえずソコソコ良さそうです。
PC168890.jpg
プロなんかは敬遠しそうな材の感じですが、
素人が遊ぶには良さげな木目です。


製材して、飾り台でも作ろうかなと思います。

気に入った土地で育った木から物を作れることって、
思っていたよりもずっと贅沢なことなのかも。

この材料は、仮に何か作るのに失敗しても大切にします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/151-b4b33d10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。