上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実際にガレージを作ることを考え始めます。
と、いう事になるとまずは何はなくとも図面がないと。

CAD(図面作成ソフトの総称)は大学の卒論以来ですが、
あの時はmacで、さらに出来上がった図をちょこちょこいじるくらいしか
触っていませんでした。

さあCADのお勉強です。



・・・ここでCADの詳しい説明をする気にはなりません。。。


というよりも、CADの勉強のためなら既に沢山サイトがあるので
やってみたい方はそちらを探してください(丸投げ←笑)


それでもチョットだけアドバイスをすれば、
 ① 個人的に、ソフトはJW-CADをオススメします。
 ② 「CADは数字で図面を書くもの」と考える頭を作る。

①については
実際のプロの建築関係の会社でも意外と使われているそうです。
ソフト自体フリーソフトだし、フリーのデータなんかも
ネット上にちょこちょこあったりしてこれがなかなか便利。

②については
では実際に図面を引くとなったとき、初心者は「お絵かき」の
イメージで入りますが、残念ながら図面は「数字」で描くものです。
たとえば「線を描く」のではなく「1820ミリの直線を引く」のが
CADです。
私もこれを理解・慣れるのに何日かかかりました。

以上を踏まえて
とりあえず平面図を描きます。
20060914150829.jpg

↑こんな感じです。

はっきり言って何がなんだかわかりません。
これ1枚で基礎・土台・柱・梁・壁・垂木・破風・鼻隠し・屋根・クルマ
全部表示しているので(笑)

実際にはこれから何枚も印刷して、施工するわけです。


ついでに正面図を
20060914150840.jpg

↑カミさんのレガシィの正面データが見当たらなかったので、
「欲しい」クーパーにして遊んでいます。

CADのいいところは、実際の大きさのバランスが一目瞭然と
いうことではないでしょうか。

あと慣れてくると「季節による日陰」のラインとかがわかったりします。
20060915235625.jpg

↑こんなかんじ


これがフリーソフトなんだから頭が下がります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/12-ae0a3b67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。