上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世間はゴールデンウィークであります。
なんとも天気が良くてキモチイイ。

そんな中、妻と赤ちゃんを実家のじいちゃん・ばあちゃんに任せ、
ワタシはかねてから段取っていた「テレビ台」を作ることにしました。

材料はアサダマニアとしてはいつもどおりの「アサダ」。
SN360012.jpg
いつもの木心庵~河野銘木店さんで購入し、接いでおいて
もらいました。

まずは慎重に慎重を期しながら、墨をうっていきます。
SN360014.jpg
木心庵の職人さんにも話を伺ったりしたところ、
「スケールで墨をうたない」というセオリーを習いました。

要するに
「頭で考えながら数字を見て墨を打つと必ず失敗する」
(耳がイタイ。↑ワタシは何度もやらかしました)
のだそうです。

で、どうするかというと、適当な棒に正確に線を引いておき、それを
定規代わりに引いていくのだそうです。
なるほど、現物あわせなら間違えようがナイですね。さすがであります。
実際そのとおりにすると、いったん棒を作っちゃえば逆に仕事も
早くなるのですよ。う~ん、またも感服。

それで墨も打ち終わって
「ヨシ、加工に移ろう」と思ったら、よく見ると底板側の板が
すでに少し反ってきていました。

P4280679.jpg
↑なので若干矯正をかけてやりました。ホントはこの状態で
しばらく置いておければベストらしいのですけどね。




さ、ここで仕切り直しです。



覚悟を決めて加工に移ります。
今回の工作は、素人のワタシにとって決して安い材料ではありません。
失敗が許されないので緊張の連続になります。

P4280680.jpg
↑なので集中して工作してたら、途中を写真取るの忘れてました。(笑)

P4290682.jpg
↑まる1日と半分くらい使って、やっと底板の溝加工だけ終了。(右側)
イロイロ加工方法と手順(コレが重要)を考えながらやっているので、
相変わらず仕事が遅い(笑)

でもおかげで天板側はサクサク進みそうです。
しかし、慣れたあたりがイチバン危険。性格的に絶対ミスる。


なのではやる気持ちを抑えつつ、休憩を織り交ぜて
じっくり取り組むことにします。



今回の仕事量は
P4290683.jpg
オガクズにしてこれくらい。

P4290684.jpg
引いて見るとこんな感じです。



工作三昧を満喫であります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://m2diy.blog70.fc2.com/tb.php/111-79031192
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。