弟ボンズの勉強棚をつくる。

引き出しを仕込みます。

ホームセンターでシナベニヤを買ってきて、、、
IMG_8845.jpgIMG_8846.jpg
テーブルソーでバンバン切っていきます。

IMG_8847.jpg
組む前に合わせてアタリを見ます。

IMG_8848.jpg
良い感じだったので、底板を
差し込むための溝を掘っておきます。

IMG_8849.jpg
深い方の引き出しは金物を使うことにしたので
軽さを出すためにファルカタ集成材を選択しました。
寸法に合わせてこちらもバンバン切っていきます。

・・・と、簡単に書いていますがハコモノの引き出しの
サイズの調節はかなり難しい。

何回か数ミリ程度を少しづつ削って合わせます。


枠の材の加工が終わったことから、

IMG_8850.jpg
シナベニヤの底板をサイズを合わせて切り、

IMG_8868.jpg
接着剤+クランプで圧着。


浅い方の引き出しはコストと強度の関係から
金物を使わないことにしたので、

IMG_8919.jpg
アルミのアングルを切って使います。

IMG_8913.jpg
サイズで切ったのを組み立てた
引き出し側に両面テープで仮止めして、

IMG_8915.jpg
本体側に圧着。

IMG_8918.jpg
どうやら上手くいったみたいです。
滑りもとても良い感じ。


金物を使う方はむしろ簡単。
IMG_8999.jpg
位置を決めたらビスで固定して、

IMG_9002.jpg
仕込み完了。調節と位置決めさえ
ちゃんと終えてればこのヘンは早い。


簡単に書いてるふうですけど、
引き出しの仕込みはガタつきとか
収まりとかから、微調整が本当に大変。

傍目から見てると
全く進んでいない
時間が長く、しかも出来上がっても
本人以外に達成感がない
という、
結構悲しい現実があるのです(笑)
スポンサーサイト