チビーズの子供部屋設定のため、小樽の実家の
物置にずーっと積みっぱなしだった桐のタンスを
父から貰ってきました。

P4068158.jpg
上下段で2段の構成のようです。
コレは上段部分。

P4068159.jpg
天板を見て、ちょっと強めのシミもあります。
細部のつくりとか素材とか見ても、正直言って
あまりいいモノではありません。でも買ったら
アレな価格になるのでリペアすることにします。


・・・で。


自分でやろうかと思っていましたけども、
春休みで暇を持て余していたチビーズについ
「自分らでやってみるか?」と訊いたところ





「ウンっ!やるーっ!!!p(^o^)q」
そりゃアタリマエな回答が(笑)

当然ワタシがやったほうがラクだしアレなの
ですけども、まぁ自分らで使うものを自分らで
手入れさせるのもいい経験かと思い、
チビーズDIYをさせることにしました。



P4068160.jpg
まずはワタシを含めた3人でサンダー、集塵機、
コンプレッサー、作業台を用意。
なかなかにヤル気満々です(^-^)


P4068166.jpgP4068169.jpg
そしてオヤジ(ワタシ)から使い方を教わった後、
兄チビから挑戦します。

P4068172.jpgP4068178.jpg
で、ふざけるのが大好きな弟チビも
テンション高めに作業開始。
マメな兄チビから磨き残しのアドバイスが入ります。

P4068187.jpgP4068192.jpg
側面は弟チビには高すぎるので、兄チビが施工。
そのかん弟チビは、コンプレッサー+ガンで
細かいゴミやら粉塵やらを飛ばしまくります。

P4068193.jpgP4068197.jpg
サンダーの振動によるものか、ところどころ
竹釘が浮き出てきます。兄弟交代で金槌で叩き込みます。

P4068201.jpg
続いて引出の面板を磨きます。
チビーズで「押さえる係」と「磨く係」を
交代して施工します。

P4068199.jpg
わかりにくいですけども、下がビフォアで上がアフター。
少しだけきれいになります。

P4068205.jpgP4068207.jpg
最後はフレーム部分の面をサンドペーパーで磨いて
この日のアレは終了。
3人で道具や機械を片づけてミッションを終えました。


その後、仕事から帰ってきたオクサマに
弟チビは一生懸命作業の様子を説明していた。


まぁ、いい経験だったかもですね b(^-^)
スポンサーサイト