上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/4チェアの修理。最終段階です。

P2042389.jpg
背もたれの板の木ネジの受け部分の木が割れて
木ネジが全く効かない状況になっていました。
普通に座っていても脱落して危険なことから、
こちらも修理することにします。



検討の結果選択した方法は、、、



P2042391.jpg
鬼目ナットを仕込むことにしました。


P2042392.jpg
鬼目ナットをねじ込む穴を、位置を決めて
8mmのビットで、ドリルで穴をあけます。

深さも気を付けます。貫通しちゃアレですからねぇ。
写真をよく見るとドリルのビットに深さの目印のために
セロハンテープが貼ってあるのがわかると思います (^-^;



さて下穴の加工も終えたことから、
鬼目ナットをレンチでねじ込みます。



P2042401.jpg
・・・まぁ予定どおり
「それやるーッ!」と弟チビが現れたので
手伝っていただきます(笑)

でも4歳にはちょっとネジが固かったようでナカナカ回らず、
それでもしばらくガンバっていましたが、、、



「もういい~♪」
2本目の途中で飽きてくれました(笑)



P2042402.jpg
そんな感じでねじ込んでいき鬼目ナットの設置も完了。

P2042405.jpg
あとはネジで締めて固定して修理も完了です。


修理前に比べて接合部の強度が数段上がりました。
コレでまたしばらく様子を見てみようと思います。


今回修理やってて、座面のクッション張りの
実験をやっていないことを思い出しました。

近いうちに実験します(^-^)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。