物置をつくる。第8段です。

前回の記事で取り外した家側の面の壁を
仕上げるため、塗装をします。

P6250639.jpg
天気のいい日にやってしまいます。

が、この杉板サイディングの塗装。
はっきり言って

無間地獄

です。つまり、部材が多く(今回の面で言うと9枚弱)
木材の反りの関係上、裏面も塗らなければならない。
棒当ての部材にあっては4面塗る必要がある。
まぁ棒当ては細いからそれほど苦でもないですが、
P6250643.jpg
なんせ数が多い。

もう「工作」ではなく
ただの「作業」を延々とやらなければならないこの苦痛。

キライです。

P6250644.jpg
なので全部材の塗装はしません。1面分だけ塗って
カーポートのトコに乾燥のため積んでおきます。
他の部材はまた後日。

ところで今回、床も塗ることにしました。
床面は雪のついた靴で入るかもしれないので、防水を考えて
最初コンクリート枠用のウレタン塗装ベニヤを床材に使おうかなと
思ってましたけど、実際使ってる状況を見る機会がありまして。

結果やめました。理由は
「水がのると非常に滑りやすい」
という危険性から。正直スゴイ滑ります。
妻と子供も使う物置ですから、フツウの構造用合板を貼って
防水塗装することに決めました。

P6250640.jpg
アプローチのコンクリに塗料がつくとカッコワルイので
マスキングでガードします。

P6250642.jpg
チャッと塗ってオシマイ。

フレームが白くて床が茶色って変な感じですね(笑)
スポンサーサイト