ほぼ夫婦のイキオイで取り付けた太陽光発電。
その後いい感じに発電しているようです。

がしかし。いまだに通帳に記帳していないので
売電ぶんのお金が本当に振り込まれているのかどうかが不明。。。

PC033487_20111226233618.jpg
そんななか補助金交付決定のはがきが届いた。
これでとりあえず補助金は確定のようだ。


さて日々の発電状況ですけど、北海道の冬の太陽光発電。

PC133654.jpg
もちろん雪が降ります。

PC133655.jpgPC133656.jpg
それなりに降ると、パネル全部が雪で覆われる。

PC133657.jpg
すると発電量がゼロになるのは当然です。



なのでしばらく雪が続くと、セコいワタシら夫婦は
「屋根上って雪降ろそうか」とか考えちゃうのですが、
雪&氷の傾斜屋根に登るのはヒジョーに危険。
またヘタしてパネルを破損させちゃ本末転倒です。



導入前の見積もり段階で三好電気さん
「だいたい晴れたらとけますから~」と言っていた。

それを信じて待つこと数日。

PC203693.jpgPC203694.jpg
バッチリ晴れると三好電気さんの言うとおりイッキにとけた。

PC203702.jpg
そうなると低温の方がパネルは
発電効率があがるのだとか。



・・・てのを何回か繰り返しているまいにちです。
雪が降ったらパネルが覆われて発電ゼロになり、晴れたら
とけて発電開始。感覚的には
発電するくらい晴れたらとける
って感じです。

ただ伊達市は北海道でもかな~り雪の少ない地域。
だから他の雪の多い地域ではこー簡単にはとけないでしょうね。


じゃぁ豪雪地帯の無落雪屋根だと・・・?
と気になるところですね。




PC203698.jpg
関係ないけど鎖樋がいつものごとく凍ってた

PC203697.jpg
冬はコレがキレイで大好きです。
スポンサーサイト
太陽光発電。いよいよ始動です。

PA253208.jpg
まず三好電気さんが今回ついでに施工を頼んでおいた
BSのアンテナと配線工事をしてくれて、

PA253211.jpg
太陽光パネルに三菱のプレートをとりつけて、

PA253206.jpg
パワーコンディショナーの調整(?)をしてた。


PA253212.jpg
お昼過ぎに北電の検査員さんが到着。

PA253214.jpg
外部の計器を確認して、

PA253215.jpg
内部のブレーカー等も確認。



・・・で完了。ついに発電開始です b(^o^)d




PA253216.jpg
発電状況を表示するモニターをつけて、

PA273232.jpg
テレビでも表示してみた。
おお、発電してる!(アタリマエか)

PA273234.jpg
天気のいい日の昼間は、ついついモニターを見ちゃいます。
で、消費電力が「アレ?」となると電気使ってるとこ
探してはスイッチを切る毎日になってしまった。(笑)

セコイっちゃぁそれまでですが (^-^;
でもムダヅカイをしない、というのは考えてみれば
日本人としてはアタリマエのことなのでしょう。

コヅカイはついついムダヅカイしちゃうのですけど(笑)
太陽光発電取り付け工事。いよいよ大詰めです。

PA133037.jpg
前回もうパネルの取り付けは終わっているので、

PA173149.jpg
発電した電気を屋内に引き込む配線をしていました。

PA173150.jpgPA173152.jpg
こんな感じでケーブルが屋根と壁を這ってきます。


あ、ワタシがやった訳ではありませんからね。あしからず。。。

施工はいつもの頼れる電気工事屋、三好電気さんです。


PA173154.jpg
いよいよ屋内への引き込み。
職人さんが慎重に位置を決定して、

PA173156.jpg
振動ドリルでゴリゴリ穴をあけて貫通。

PA173159.jpg
あとはボックスをつけて防水処理で完了。

PA173160.jpg
屋内はこんな感じです。向こう正面の
右側2個が新たに取り付けられたもの。
上が配線ボックス(だったけか?)で
下が発電専用ブレーカーだとか。

PA173161.jpg
こちらがパワーコンディショナー。太陽光発電はパネルでの
発電時は直流なので、コレで交流に変換するとのこと。


これでいわゆる物理的な工事は終了。
あとは調整と北電の検査を受けて稼働開始です。
2011.10.29 パネルの設置
我が家に導入を決めた太陽光発電システム
前回下見に来てその後資材も入ったらしく段取りが終了。
三好電気さんがやってきてパネルを設置します。


PA133015.jpg
仕事明けで帰ってきたらもう7割がた済んでいた。(笑)
聞いてみたらわりと工事しやすい条件の屋根らしいです。
ちなみに工事は二人で施工。

PA133016.jpg
パネルをつける前の架台を見てみる。
完成したら見れませんからねぇ。

PA133017.jpg
例のタルキを狙って固定されたステー。
周囲にドップリ防水のブチルパテを盛っていた。
これなら安心ですね。うっかり触るとナカナカ
手から取れないので自重して眺めるだけです。(^-^;

PA133005.jpg
ガレージの屋根に並んだ、これから取り付けられるパネル。
上のグレードのブラックのパネルもあるらしいのですけど、
我が家の屋根はたまたまネイビーだったのでこちらの方がピッタリ。

PA133007.jpg
裏側はこんな感じ。結構アッサリしたもんです。

「どれどれ」と触ろうとしたとき
あ!doさん気をつけて!」と注意。
よーするに日が当たるともう発電しているらしい。
つまりウッカリ線の端子を触っちゃうと感電の恐れがあるのだとか。

まぁ端子部分は露出していない構造なので、ほとんど
大丈夫らしいのですけど、念のためってヤツでしょうね。


PA133028.jpg
そんなことやってる間にチャチャッと付いた。
パネルの高さとか微調整してこの日は終了。

パネル設置だけだとマル2日で終わった。
とっかかっちゃえばプロの仕事は早いのです。
太陽光発電、考えていたのとちょっとちがって
いろんな手続きと段取りがあるようです。

まずは国に申し込んでいた補助金の申請手続き。
PA012869.jpg
・・・は、業者さんが代行してやってくれるのですけど、
(もちろん代行手数料はかかる)この受理決定通知書が
届いてからでないと工事にとっかかれないのだとか。


PA012870.jpg
取り付けにかかる工事の日程というよりは、国や電力会社との
やり取りによって全体の工程が左右される感じ。

ま、そーですよね。モノなんてメーカーに発注して
職人の手配さえついちゃえばチャチャッとできちゃうんだから。


PA072941.jpg
で、三好電気さんが今後の打ち合わせと室内に取り付ける
モノ(接続機とかパワーコンディショナーとか)の
取り付け位置と配線の下見をしに来た。

連休明けの天気のイイ日にパネルを取り付けるらしい。
残念ながらワタシは仕事なので作業は見れなさそう。

どんな感じになるか楽しみです。